U-18フットサル日本代表候補 FP脇山蓮「ミゲルさんにもアピールしたい」

004

 U-18フットサル日本代表候補は22日、茨城トレーニングキャンプの2日目を迎えた。午前中にフィジカルトレーニングを行ったチームは、午後からは前日に引き続き戦術トレーニングを実施。Fリーグの絶対王者である名古屋オーシャンズの下部組織でプレーするFP脇山蓮(名古屋オーシャンズU-18)は、アジア制覇を目指すためにはチームがもっと成熟しないといけないと強く感じていた。

●FP脇山蓮(名古屋オーシャンズU-18)

――第2回全日本ユース(U-18)フットサル大会に出られなかった分、合宿は楽しみだったのでは?
「2日終わりましたが、普段はサッカーチームでやっている選手がほとんどなので、合わせるのが難しいですね。今日も全然合っていなかったですし、しっかりやっていかないと、U-18代表も結構やばいのかなっていうのが本音ですね」

――今回始動したばかりなのに、なぜ?
「いろんな覚えることがありますし。それは、これからだと思いますが、やっていくしかないですね」

――ここに来る前に思っていたよりも、コンビネーションプレーが難しかった?
「そうですね。仕方がないということは分かっているんですけど…」

――フィクソも、ピヴォもやって酒井ラファエル良男選手に重なって見えたが、個人的に一番得意なポジションは?
「オーシャンズではピヴォとかで張ってやったりもしますが、そんなにこだわらずにやっています」

――明日はどんなアピールをしたい?
「自分の得意なプレーは、ゴールを狙って行くプレーです。それを出して、最後まで残れるように。明日はミゲル(・ロドリゴ)さんも来ると聞いたので、しっかりアピールしたいです」

(写真/インタビュー 河合拓)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る