U-18フットサル日本代表候補 FP内田洸介「紅白戦ではシュートを決めたい」

003

 U-18フットサル日本代表候補は22日、茨城トレーニングキャンプの2日目を迎えた。午前中にフィジカルトレーニングを行ったチームは、午後からは前日に引き続き戦術トレーニングを実施。FP内田洸介(札幌大谷高)は、高校サッカー部から参加している選手の中でも、思いきりの良いプレーが光った。強烈なシュートを決める場面もあったが、それは同じ高校のGK坂佳輔との練習してきた成果だったという。

●FP内田洸介(札幌大谷高)

――北海道出身ですが、良い色に焼けている。
「なんでですかね(笑)。体質だと思います」

――2部練習をやった感想は?
「少なからずサッカーと違うところがあって、そこを学んでいるという感じですね」

――フットサルとサッカーの比重は自分の中でどのような感じ?
「どっちも楽しい感じですね。せっかく代表に選んでもらったので、フットサルもやりたい気持ちは強くなってきています」

――この経験はサッカーにも生かせそう?
「2対2の状況とかは、サッカーでもよくあるので。そういうところで、この合宿で学んだことは生かせると思います。次、選手権があるので、そこに還元できればいいかなと思います」

――選手権予選では、他の選手と対戦することもある?
「(北海道釧路)北陽の(伊藤)圭汰とは準決勝あたりで当たる可能性がありますね」

――そうなると面白い。明日の紅白戦に向けて?
「フットサルの練習といっても、この合宿まで1週間、シュート練習を自分でやるしかできなかったので。チームメイトのGK(坂)佳輔と一緒に、シュート練習ばかりをやっていたので、シュートを決めたいです」

――今日も良いシュートを決めていたが?
「はい」

――思い切り良い場面もあったが、流れの中で詰まる場面もあった。
「そうですね。そこは反省点です。昨日もミーティングをして、練習したことを復習して分かったことがあったので、今日も宿舎でしっかり復習して明日の紅白戦に備えたいと思います」

(写真/インタビュー 河合拓)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る