【関東1部】リガーレ・松浦 英「西野を、関東一の監督にする為に」

033

カフリンガに先行されていた終盤、パワープレーから見事同点弾を決めた松浦 英。西野 宏太郎郎監督とともにチームを支える中心選手は、自身の役割を全うしてみせた。優勝への思いと、チームへの信頼について話を聞いた。

ーー2-2で引き分けとなりました。感想からまずお願いします。
「ちょっと先週空いてしまったので、前回の良い雰囲気が落ち着いてしまったのかなと。カフリンガも2巡目で盛り返そうとしているから、ちょっと向こうの雰囲気にのまれちゃった気がしますね」

ーーこの空いた1週の準備はどんなことをしてきた?
「とにかく前へのプレスのシステム。西野が推しているシステムを統一して高めるということをやってきて。カウンターの練習を多くやってきたんですけど。でも今日はカフリンガの方がやっぱり集中度が高くてなかなか上手くいかなかったのもあるし、先手先手で取られてしまったので、苦しい時間帯が続いてしまった感はありますね」

ーーその中で自身で得点し追いつきました。
「そうですね。僕は体力的にはもう結構厳しくて。長い時間出るというのはもう今ないんですけど、その分チームの仲間には良い選手が揃っているので、ゲームの中で点取ってくれるし。パワープレーになったら自分はそこのみにしっかり集中して、1点の重みを大事にしたいと。そこだけ集中して、最後の部分、丁寧に流しこむ、ということを常に意識しています。それが良かったのかなと思いますね。あのプレーは、入る前からサスーン(碓井)からお前に出すからと言われて、そのプレーが本当に来たので、僕はもう決めるだけでしたね」

ーーこの引き分け。負けないという部分が大きいと思いますが、この結果をどう捉えている?
「やっぱり勝点を取り続けるというのが優勝するチームだと思うし、ゲームを落とさないということが大事。とにかく西野を、関東一の監督にする為に皆でがんばって、俺もがんばって。絶対優勝したいですね」

ーー今季は関東優勝が近くなっていると思いますが、そこへの思いは強い?
「本当に強いですね。とにかくあいつを胴上げする為というのが、皆の共通意識でやっているので。自分ももう一度全国大会出てみたいし、やれる時間も限られているから。1試合1試合集中して、練習も集中してやってきて、こういう結果が出ているとも思いますね」

ーー次もう勝ち点3狙うところだと思います。次節について意気込みをお願いします。
「次は浦安セグンド。浦安セグンドには一度も勝っていない。とにかくザ・フットサルというか、とても上手いので。それをどう打開するかと言ったら、気持ちの部分だとか、ひっくり返す力、熱いものだと思うので。その辺を皆でもう一度立てなおして、この1週間ムダにしないように、この引き分けをムダにしない様に、がんばりたいと思います」

ーーありがとうございました。

(写真/文 箕輪諒太)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る