【関東リーグ1部】16節 カフリンガ・垣本右近「1年の結果が最終節に出る」

ukon_cafuringa

第16回関東リーグ1部第16節、ブラックショーツ×カフリンガ東久留米戦後、カフリンガ・垣本右近選手へのインタビューです。

ーー今回1-8で勝利ということで、まず感想からお願いします。
そうですね。まず優勝に向けてしっかり勝ち点3を取ることを目標にやっていたので、それはすごく満足しています。

ーーここ最近連勝続きですが、チームの雰囲気と、連敗からどうやって上がってきたのか。
4試合で3敗1分をして、その時はすごく苦しい時間だったんですが、安藤中心に練習で、特に淳二中心のセットのパフォーマンスがものすごく良くて、こっちのファーストセットの方が全然良くなくて。2週間の練習で感化されてお互いに良い効果が出ています。練習でものすごく良い雰囲気と、良い練習が出来ているので、それが今結果に結びついているのだと思います。

ーー今日の結果について。1ゴールと幾つかのアシストがありました。
1ゴール、4か5のアシストですね。結構アシストしたんですよ(笑)後半4アシストですね。

ーー前々回も、アシストが多くついていますね。
そうですね。ファイル戦もゴールはなかったですけどアシストが多くありましたね。ボールを持ったら人を追い越すという練習をずっとやってきたんですよ。良い形で前で取れて皆追い越してくれるので、それが得点にむすびついたのかと。

ーーどんな選手でも点が取れるというのが示されていた。
今年、個の高い能力の選手が多くて、それがシーズン通してなかなかまとまらなかった時期もあったんですが、ようやくここにきてチームとして戦える様になってきたので。それプラス個の力が生きていると思います。

ーー残り最終節のみですが、今まで見たことないくらい混戦の中にいます。
そうなんですよね(笑)。とりあえず今日勝って地域チャン決まったので、それはひと安心です。あとは他力の部分もありますし。1年の結果が最終節に出ると思うので、結果優勝出来れば良いなと思います。

ーーありがとうございました。

☆23日(火)に行われた関東16節の全体結果はコチラ

☆関東1部第16節、ノーヴォメンテ×ファイルフォックス府中のフォトレポートはコチラ

☆関東1部第16節、ファイル・徳嶽裕太選手へのインタビューはコチラ

 

(インタビュー・写真/箕輪諒太)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る