【関東1部】首位ファイルはカフリンガと引き分け。勝ち切れず。

f_c34

 

首位ファイルがホームにカフリンガを迎え、この日の最終戦を戦った。

どちらもアグレッシブな姿勢を貫き試合を進めたが、両チームゴレイロの好セーブもあって、なかなかゴールネットは揺れずに試合は進行。前半だけでなく、後半30分を過ぎても得点は生まれなかった。

しかし、35分にはようやく町田 大輔がゴールを奪い、ファイルが先制。残り5分を切ってのゴールで優位に立ったかと思われたが、その2分後にはカフリンガも坂本隆のゴールで同点に追いつく。

結局このまま試合は終了し、1-1の同点で勝ち点を1を分けた。
首位ファイルと2位リガーレの勝ち点差は僅か1試合差の3。リーグ終盤、徐々に混戦の色合いが濃くなり始めている。


SuperSports XEBIO 第18回関東フットサルリーグ 1部 by PENALTY

第13節 ファイルフォックス府中 1-1 カフリンガ東久留米

35’49″ ファイル 町田 大輔(6)
37’34″ カフリンガ 坂本 隆(30)

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る