【関東1部】ファイルフォックス単独首位。ショーツは3連勝で2位に。

2016kanto4setsu

7月9日(土)、立川泉体育館にて、SuperSports XEBIO 第18回関東フットサルリーグ 1部 by PENALTY第4節の試合が行われた。結果は以下の通りとなっている。

第1試合
ブラックショーツ 4-1 デルミリオーレクラウド群馬
第2試合
FCmm 6-6 コロナFC/権田
第3試合
カフリンガ東久留米 2-2 ファイルフォックス府中
第4試合
リガーレ東京 4-2 柏トーア’82

初戦ではショーツがクラウドに勝利。ショーツは開幕から3連勝となり、好調を維持している。
第2試合のmmと権田の試合は、乱打戦の末引き分けに終わった。権田が序盤からリードを得ていたものの、残り1分を切った時間帯にmmにPKを与えてしまい、同点に追いつかれてしまった。
第3試合は、カフリンガとファイルが3-3で引き分け。ファイルは3連勝とはならなかった。
最終試合、首位決戦となったリガーレと柏トーアの試合は、リガーレが序盤から得点を重ね4-2で柏トーアを破った。

現在、ファイルフォックス府中が単独首位となり、2位には柏トーア、そしてここまで3連勝のブラックショーツが浮上している。


SuperSports XEBIO 第18回関東フットサルリーグ 1部 by PENALTY第4節

第1試合
ブラックショーツ 4-1 デルミリオーレクラウド群馬
第2試合
FCmm 6-6 コロナFC/権田
第3試合
カフリンガ東久留米 2-2 ファイルフォックス府中
第4試合
リガーレ東京 4-2 柏トーア’82

4節終了時点順位

順位チーム名勝ち点得失点差試合数
1ファイルフォックス府中1074
2ブラックショーツ993
2柏トーア'82984
4リガーレ東京763
5カフリンガ東久留米504
6ゾット早稲田3-43
7コロナFC/権田1-33
7FCmm1-84
9デルミリオーレクラウド群馬0-154

(写真・文 ミノワリョータ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る