【女子地域LC】アルコ、丸岡圧倒し貫禄の優勝。-フォトレポート

c019

女子フットサルをけん引するarco-iris KOBE(以下アルコ)と、10代の勢いある丸岡RUCKレディース(以下丸岡)がぶつかった。

昨年の全日本女子フットサル選手権決勝でも対戦した因縁の両者。当時は3-1でアルコが勝利しており、丸岡はリベンジを狙う舞台だった。

まず先制したのはアルコ。3分にペナルティエリア正面でFKを得ると、これを井野美聡が直接右足で蹴りこむスーパーゴール。幸先の良い得点で勢いの出たアルコは、この後も得点を量産していく。

11分には関灘美那子からのシュートパスをファーサイドで中野絵美が合わせて2点目。
17分、左サイド奥でボールを得た井野からのパスを藤田靖香がゴール前で蹴りこむと、1分後にはゴール前へ抜けだした井野が自身で蹴りこんだ。

前半0-4と大きく差をつけられた丸岡。
切り替えて後半に入った彼女たちは21分、カウンターから北川夏奈が決めてようやく1点を返すことに成功する。
しかし、このゴールでは流れは変わらない。24分には再びアルコの関灘が決めると、直後にも若林エリが得意のドリブルからシュートを決めて6点目を奪った。さらに31分には藤田、39分に井野がそれぞれゴールを奪い、アルコが終始丸岡を圧倒。結果、1-8でアルコが大勝し、地域女子リーグカップを制した。

フォトギャラリーは次ページから。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る