【関東1部】リガーレ・小仲貴文「西野監督を胴上げするということが目標」

040

ホームであるカフリンガを相手に、0-4の完封勝利を収めたリガーレ東京。昨季までカフリンガでプレーしていた小仲貴文もゴールを奪い、リガーレの今季初勝利に大きく貢献した。古巣を相手にどんな気持ちで試合を迎えたのか、新天地リガーレでの目標についても伺った。

 

ーー0-4で勝利ということで、まず感想をお願いします。
「僕は全然、監督でもなんでもないし、中心選手でもないのであまり振り返る様なことは言えませんが、西野監督を中心に、西野監督を信じ、優勝して西野監督を胴上げしたいという気持ちで皆がんばっているので、それが結果につながったと思います。ですが、まだ、まだ、まだ。まだ始まったばかりなので、課題もいっぱいですし。先程も言った、西野監督の為にまとまっているということが結果につながっているんだと思います」

ーーリガーレはやっぱり、皆西野監督の為に、という思いが強いんですね。
「そうですね。雑草魂じゃないですけど、皆がプライドを捨てて、皆が1人の為に、チームの為に身体を投げ出してやるというのが徹底しているチームだと思う。そこは本当にいいところだなと思います。あとは、スタッフやスポンサー様も充実しているチームで、とても素晴らしい環境でフットサルができて、ありがたいですね。」

ーー今日は得点し、勝利に大きく貢献しました。
「そうですね。本当にゴールはたまたまで、前節もファー詰めで決定的なものを外したりしていますし。田嶋が絶妙なファーパスを、決められて当たり前くらいの良いボールをくれたので。決めなきゃいけないゴールだったと思います」

ーー相手は古巣のカフリンガでした。カフリンガを相手にするに当たって、どんなことを考えてきたのか。
「チームとしては特に変わらず、結果的に最後は引いちゃいましたけど、しっかりアグレッシブに戦うということを初めから西野監督は言っていて。チームの今後の成長を考えると、今年はアグレッシブにやると。それが先制点に上手くつながったのかなと思います。個人的には(カフリンガから)移籍はしましたが、本当に尊敬する憧れのチーム、憧れの選手、先輩たちのチームなので。胸を借りるつもりでやりました」

ーー互いの応援団についても色々感じる部分があったと思います。
「リガーレの応援団は、応援席に「俺たちの小仲!」という横断幕をサプライズで作ってくれたことが力になりました。カフリンガの応援団も、ブーイングではなく激励をくれて、両方の応援に感謝しています」

ーー前回引き分け、今回勝利で悪くないスタートなのかなと思います。今後への意気込みをお願いします。
「気持ちとしては、西野監督を胴上げするということが目標ですけど、やっぱりまだ始まったばかりですし。関東リーグは2週ありますし、この2週で対策を取ったり取られたりだと思うので。がらりと結果が変わることもあると思います。なので1つ1つの試合をしっかり戦っていきたいと思います。」

ーーありがとうございました。

【関東1部】第2節 リガーレ、ホームカフリンガに完封勝利 フォトレポート

(写真/インタビュー 箕輪諒太)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る