【関東1部】権田・朏島 慎吾 「次も圧倒して勝ちたいと思います」

005

3-5で連勝を収めた権田。最初の得点を決めた朏島慎吾に、現在の権田のスタイルや、1部に復帰してからの感覚について伺った。1部を戦っている中で感じるのは「楽しいこと」だと話す。より高いレベルで戦う中で楽しさを感じ、さらに十分に「戦える」という手応えも感じている。敗戦からスタートした権田だが、十分に1部を戦い抜ける力を持っている。

ーー5-3で勝利ということで、全体を振り返ってもらえますか?
「前半は良い感じで進めたんですけど、後半がバタバタしちゃった印象です」

ーー最初、思いがけない得点の様に思えました。
「思いがけないと言えば、そうなんですが、キーパーの特徴は知っていて、バックパスを狙っていたので。チームの中ではあれは、僕らしい得点かなと。よくあるパターンですね」

ーー前回大場選手に話を聞いた時に、攻撃に関してすごくアグレッシブにチャレンジをしていると聞きました。カウンターがするどいmmが相手でしたが、今日はそれを示した様な、相手を自由にさせない印象を受けました。
「そうですね。今4試合目なんですけど、当初から1部はカウンターとか切り替えが速いというのはイメージはしていて。去年の選手権でもゾットと対戦して知ってはいたんですけど、そういうところで1、2試合目は落としてしまっているので。段々免疫がついてきて、切り替えも、練習中にはすごく言っている部分ですね。カウンター対策というのは、2敗で十分体験しているので出来ているし。攻めに関してもイメージは出来ているんですけど、本番の緊張とか、プレッシャーにどれだけ対応出来るかというのが課題。今日も僕以外の得点はまぁまぁ3人くらいパンパンと回してきれいな形だったんですけど、ああいう形がもっと作れれば。僕も今日2本くらいパスミスしちゃっているんで、そういうところをもう少ししっかり出来れば、もっと点が入ると思います。あとは今日、前でカットして、キーパーと1対1になる場面が数えきれないくらいあって。難しいとは思いますが、あれを全部決めていれば2桁得点はいっていたと思うので。そこの完成度ですね。仕上げるのは個人レベルですが。1対1の場面でも、早く上がれれば2対1の場面に変えられるし。
後半、相手のドリブルが上手い子が良く持っていて、プレスを上手くかけられなかったり。それプラス収まるピヴォがいたので、そこをもう少し狙っていけるといいんですけど。前掛かりになっちゃうとカバーも難しくなってしまうので、そこをもう少し選手間で理解してやりたい。選手毎に個性があるので、こいつは前からいけるから狙えるからいくとか、逆に出させて取るとか、その選手間のすり合わせが出来れば、こうバタバタした展開にはならなかったかなと思いますね」

ページ:

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る