【関西リーグ2015】ミキハウス・馬場知之「攻めて攻めて攻め勝つ」

032

ミキハウスの絶対的なピヴォである馬場知之。ミキハウスはピヴォから様々な攻撃を展開するが、今節は自身でもネットを揺らし、その他のゴールの起点にもなった。今節の戦い方や意識しているプレー、今後の意気込みを聞いた。

 

ーー試合を振り返ってみて。
「あれ(前半)はもう、緊張していたんだと思います。自分たちの入り方の問題だった。本当はもっと自分たちはいけていたのに、今日は全然出なかった。それが攻撃のリズムの狂わしていたというのがあったので、前半リードされてしまったんだと思います」

ーー後半はいかがでしょうか。
「監督に発破かけられてから変わりましたね」

ーーどんな言葉をかけられたんでしょうか?
「監督からは、いつもやれていることが出来ていないと、それだけですね。そこからリズムを崩していると。いつも通りやったらいい、いつも練習中はもっと激しいぞと言われました」

ーーその中で2得点もしましたし、他のゴールにも絡みました。
「そうですね。ずっと前でピヴォとして張っているので、得点に絡まないといけないポジションですし、せっかく出してもらっているので。その辺をしっかり意識してやらないといけない。結果が出たので良かったですね」

ーーピヴォに入った瞬間にスイッチが入るというか、そこから何か始まるイメージが強くなります。
「まず、ピヴォに当ててもらった瞬間からスイッチが入るように皆がなっていると思うんですね。それでいつも言われるように、強い矢印を持ったパス、プレーを一本すると、それに対して皆が反応すると。それを意識しているので。今日だったら塩谷選手から出た瞬間から、田中マー(晶智)が走り出すというところまで連動しているので。攻撃のスイッチはピヴォ入ったら。そういう意識をしていますね」

ーー入った瞬間、そこからの展開というのはその場のアイディアが強い?
「そうですね、その番のアイディアと、皆が走ってきたところでプレーを選択するという形ですね」

ーーゴール前の雰囲気は他のチームには見られない、独特のものがあると感じています。
「皆信頼して、ピヴォに入れたらしっかりキープしてくれるという風に信じて入ってきてくれるので。その辺じゃないかなと思います」

ーーヒールでも素晴らしいシュートを決めましたね。
「そうですね。相手も切り替えが遅くてフリーの場面で。ああいうところでやっぱり塩谷選手がすごく見てくれているので、いいタイミングで出てきてくれたので、キーパーもちょっと出てくるかなと思って流し込みました」

ーーさっき高橋監督も言っていましたが、あれで試合が決まったと。そう言われてどうですか?(笑)
「嬉しいっす(笑)ああいう風に監督から褒められるとね」

ーー去年はリーグ優勝して、地域CLだと準優勝でしたが、今年はチームとして、個人としては何を目指していくか。
「やっぱり目標は関西リーグ優勝、地域CLも日本一を獲らないといけない。その中で新しい選手が2人加入して。今日見てもらったら分かる通りまだまだ浸透していない部分があったので、その辺をもっと、上手く練習でフィットさせられればなと思っています」

ーーシーズン通して完成されていくんだろうなと思っています。
「そうですね。出来れば今すぐ完成したいんですが(笑)そういう訳にもいかないと思うので、徐々にやっていければと思っています」

ーー今季の理想について。どういう風にプレーをしていきたい?
「やっぱりボールを受けたら必ずつなぐ、シュートまで持っていくというやりきるプレー。それを目指したいですし、それを得点までつなげていくこと。あとはチームに流れを常に持ってこれるようにプレーしたいですね」

ーー今日はあがりゃんせさんのホームゲームということで素晴らしい環境ができていたと思います。これがきっかけで今後見てくれる方もいると思いますが、自分たちのどんなところを見てもらいたい?
「そうですね、監督も思っている通り、攻めて攻めて攻め勝つという、ガンガン攻めに行く姿勢とかプレーを見てもらえたらなと思います。攻撃のミキハウスと思ってもらえたらと思います」

ーーありがとうございました。

 

【関西リーグ2015】ミキハウス、怒涛の逆転劇で勝利。 -フォトレポート

【関西リーグ2015】ミキハウス高橋監督の語る7-3の美学

(写真 おざわゆうこ インタビュー 箕輪諒太)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る