【PUMA CUP 2015】mm・平翔伍「Fリーガーになんとしても勝ちたい。」

020

PUMACUP関東大会第3位となったFC mmより、平翔伍選手へのインタビューです。強豪をおしのけて、全国への切符を手にしたmm。3位の心境と次の目標についてお聞きしました。

ーー3決までもつれこみ、6-1で勝利ということで、ここまで戦ってみての感想をお願いします。
そうですね・・・僕らは2試合目のことは考えず1試合目で決めようと話してきた中で、準決勝負けて3位決定戦。お互いが苦しい中で勝ち切れたというのはすごく嬉しいです。

ーーカフリンガとの試合。ファイルもでしたが、カフリンガも縦に速いチームということで、どう戦おうと思っていたのか。
どちらも攻撃力があるチームなので、まずは守備からでした。チームとしてそう入ろうと。その中でチャンスがあればカウンター、走り勝つということをテーマにやりました。

ーーリーグだと参入戦枠ギリギリだったり厳しいシーズンでしたが、この結果は見ている人も驚く結果だったんじゃないかなと思います。
関東大会始まる前は、どこのチームもどこのサポーターも、FC mmが全国大会に行くとは思っていなかったと思いますが、そういう中でこういう結果を出せたということは感動です。ありがとうございます。

ーー自分たちの強み、どこに感じますか?
関東1部を見ると、チームに1人はスター選手がいる中で、僕たちはそういった個で勝る部分がない。なのでチームがどれだけ1つにまとまって戦えるかというところが、関東1部、関東大会で戦う上で大事でした。それが他のチームより上回ったのかなと思います。

ーーこういう空気の中表彰される経験は、今までありましたか?
もう、こんなに大勢のカメラマンの前で写真を撮ってもらう機会がなくて、写真を見てもらえば皆笑顔が固いと思います(笑)。

ーー今、この3位という結果に浸っているのか、もう次を考えているのか。
そうですね・・・僕らは関東1部上がったばかりで、降格争いもしましたし、逆にこういう場で優勝争いに入ることも出来ました。今は嬉しいですね。次は3月、Fリーガー待ち構える全国大会なんで、そちらに気持ちを強制的に切り替えます!

ーー全国初の舞台で、何か目標はありますか?
まだ自分の中でFリーガーと対戦できるというのがまったく想像出来ないので。まずは目標というよりも、Fリーガーと試合が出来る様に1ヶ月死に物狂いで練習して、少しでも差を縮められるようにして、なんとしても勝ちたいと思います。

ーー勝ちたいと。
はい、勝ちたいです!

ーーあと1つ。今日は目良さんなどがいなかったんですね。
目良は仕事の都合で来れなくて。あと小出も。その離脱も僕らの中に響いていたんですが、ずっと試合前に連絡くれたり、個人的に連絡くれたりしたので、それを力に変えて頑張りました。

ーーそれが結果につながった。
そうですね!

ーーありがとうございました!

(写真/インタビュー 箕輪諒太)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る