【関東1部】ファイル・山本真太郎「今ユニフォームを着ている俺たちがファイルフォックス」

043

今季初ゴール含む2点を決めた山本真太郎。今季ファイルのキャプテンに任命され、ようやく結果を残すことが出来た。
誰ということではなく、今まで受け継がれてきたファイルのキャプテン像を、山本なりに示して戦ってきた。その中で自分たちのプレーを表現し、徐々に結果が出始めた後期。「残りの試合全勝を目指す」と、気を吐いた。

 

ーー4-2で勝利しました。全体の感想からお願いします。
「そうですね…前節は負けてしまったんですけど、最近良い調子でこれていたので、この試合絶対取ろうと話していました。今浦安さんとうちで下の方を争っている状態で、ここは絶対負けられないと。チームでも口酸っぱく言っていたので、結果勝てて良かったです」

ーー浦安。前期だと勝利している相手ですが、今日はどう戦おうと話していた?
「前回勝ったというのはあるんですけど、個人がすごく上手いイメージがあるので、相手のディフェンスに、個人のところでやられちゃうところもあります。なのでディフェンスをしっかりやろうということを話していました」

ーーその中で2ゴールも決めました。今季初ゴールですよね。
「そうですね。やっと取れましたね。本当にすごく時間がかかって。圭君がずっと使っててくれたんですけど、プレーで結果を残せていなかったので。やっと残せたので、ちょっと安心できたなということはあります」

ーー今年キャプテンマーク巻いて。色んな部分で責任感だったりプレッシャーが生まれたんじゃないかと。
「そうですね。今までのファイルのキャプテンの人たちは結果を残している人たちばかりなので、今年のキャプテンはなぁ…と言われないように、というプレッシャーはすごくあった。ようやく点が取れましたし、ようやく少しほっとしました。ここからプレーでも結果を残していける様にがんばりたいと思います」

ーー理想の、ファイルのキャプテン像はあったりします?
「キャプテン像というか、今までのキャプテン、治さん(難波田)、三木さん、佳翔(田村)君、徳嶽君、皆の様に、吠えて、気持ち出してディフェンスからという部分。ファイルの選手として、キャプテンとしてしっかりやらなければいけない部分だと思っています。その部分だけは、チーム内では誰よりもやろうと思っています」

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る