【関東1部】ファイル・吉成 圭 「とにかく目の前の相手、一戦必勝」

025

今季連敗スタートのファイルだったが、ようやくエンジンがかかってきたようだ。前節無失点で勝利をつかみ、今節でも4-1で快勝。ファイルらしく勢いに乗ってきた感がある。この日先制点、2点目を奪った選手兼監督の吉成圭に、ここまでの試合について、新メンバーや、今後の戦いについても話を聞いた。

 

ーー4-1で勝利しました。全体の印象からお願いします。
「いやー、苦しいゲームでした。もともとわかっていたんですけど、個人の能力が高いチームなので、その攻撃の部分をどれだけ消せるのかというのが勝負でした。岡花君、永二郎(山口)君、あとは細矢君とか。個のスキル持っている選手に何本か、危ない場面を作られてしまったので。そういう中で失点を1に抑えて勝つことが出来てすごく良かったです」

ーー今出た3人を、チームとしても警戒していた。
「そうですね。あとは健君(木村)とか。フットサルの技術だけで見たらとても強いチームなので。そこを警戒というか、いかに守れるかというところがコンセプトでしたね」

ーー前半相手もチャンスある中、まずFKから吉成選手がゴールを決めました。ゴールシーンや、攻撃面について振り返ってもらえますか?
「そうですね、例えばFリーグではオーシャンズが安泰、の様な空気があるけど、関東リーグはどこのチームも、インタビューでも良く書いてありますが、五分五分のリーグだと思います。たった1本が入ってしまったとか、1本を止めることが出来たとか、そういう1つの細かい部分で決着が分かれると思うんですね。今日はその点について、たまたまFKのところで僕らのところにポイントが入ったし、追加点のところで決められた。実際、細矢君の突破から、ファーへ決定的なやつが1本あったし、あれが入っていたらわからなかったし、後半も同じだと。だから、取るところで取れてよかったですね」

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る