【Fリーグ2015/16】第2節 浦安×町田 町田・岡山監督「まだ始まったばかり」

choice008

2連勝を目指して浦安総合体育館に乗り込んだ町田だったが、浦安に1-2で敗れた。それでも、試合内容は悲観するべきものではなかった。今シーズン、トップチームに昇格した若手が躍動し、新加入のボラは攻撃の基準点として存在感を示す。しかし、指揮を執る岡山孝介監督は「もっとできます。もっとできます」と、まだまだ内容にも納得していない。

 

――試合の感想を。
「お疲れ様です。(試合の)入りは良くなかったんですけど、時間を追うごとに、ある程度は町田のペースで試合を運ぶことができたと思います。そこでなかなか決められなかったので、そうなると勝つのは難しい。少しずつ狙っている形も出せましたが、それでも練習では、もう少し良いパス回しができています。その部分に関しては、実戦を重ねていく中で構築していくしかないかな、と思っています。(リーグ戦は)まだ始まったばかりなので、前を向いて、やるしかない。引き続き頑張っていきたいと思います」

――チームに加わった3人の若手に対する評価と期待することは?
「手応えはあります。良いプレーができていると思います。期待することは、一番は動きの質の部分です。フリーランであったり、サポートであったりですね。そこは満足していますし、プレッシャーに関しても寄せるだけではなく、(味方がプレッシャーに行ったときに)残るところ、カバーするところに良いものを持っているので、そこも期待したいですね」

――新加入のボラ選手のフィット具合は?
「頭も良い選手なので、チームでやることも少しずつ覚えているところです。ただ。昨年1年積み上げてきた部分も結構大きいですし、覚えなければいけない部分も多い。思った以上に早く馴染んでいるとは思いますが、それだけではなくて、チームのやることとかは、急には全部を覚えることができないので。少しずつ覚えていけば、もっともっと良くなっていくと思います」

――浦安がラインをハーフに設定して、あまりプレスに来なかったのは想定内でしたか?
「そうですね。ずっと下げていたわけではないと思いますが…。うん。そうですね。想定外の部分は、相手がどこかは関係なく、うちのやり方を通すと言っていたので。想定外の部分はありましたけれど、やりづらいわけではなかったですし、対応はできていたと思います」

――相手を押し込む試合運びができたが、内容には満足している?
「いや。もっとできます。もっとできます。うちがやろうとしていることは、4人全員が同じ絵を描けないとできません。悪い意味で試合に没頭してしまい、一人がその動きを忘れてしまうと機能しません。試合になると、気持ちが入り過ぎてしまい、練習でやったことを忘れてしまうことがあります。そこは改善していかないといけません」

【Fリーグ2015/16】第2節 33歳高橋の2ゴールで浦安が町田を破り2連勝。

【Fリーグ2015/16】第2節 浦安×町田 浦安・米川監督「昨年より勝ち点を増やせなかったら…」

(写真/文 河合拓)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る