【Fリーグ2015/16】チームの尻拭い役を買って出る篠崎隆樹

shinozaki_machida

昨シーズンまでペスカドーラ町田でプレーしていた大地悟。かつては、『大地のボレー』と言われていたように、攻撃面で注目を集める選手だった。しかし、町田に加入してからは後方でのプレーが増え、攻撃志向の強いチームでバランスを取る役割を担っていた。

今シーズンの町田は、その大地が現役を引退。新たに湘南からボラという攻撃面で特別な能力を示す存在を獲得した。では、埋まり切っていない大地の穴を、誰が埋めるのか。そこに対して強い自覚と責任感を持っているのは、第2節の浦安戦でゴールを決めた篠崎隆樹だった。

 

――試合を振り返って?
「決定機は結構つくれていたと思うので。そこを決めきる力が必要かなと。イゴールも相当止めてくれていたと思うので、助けないといけなかったと思います」

――結果的には負けだが、手応えは?
「前半とか、特に良い流れでいけていました。ただ、点が入らないと勝てないので、途中からは『これを継続しているだけでは勝てない』っていう話をしました。後半は仕切り直して新たな気持ちでやらないと、やられるという話はしていました」

――チャンスはつくれても、決めきれない。そういうことが町田は続いている?
「浦安もラインを高くしてきたときと落としてきたときがあって。最初はクワトロにこだわり過ぎたのかなと。1対1で勝負ができる選手もいますし、特にボラは僕らのセットにいますし、もっと活かすことができればよかったです。アラから仕掛けさせ過ぎたかなと。もう少しピヴォに張らせて、ピヴォ当てみたいな形を増やせれば相手としてはもう少しイヤだったかなと思います」

――得点シーンはボラ選手がアラの位置から仕掛け、こぼれ球を篠崎選手が詰めました。
「そうですね。基本的にはちょっとバランスを考えながら今年はやらないといけないって感じています。あのシーンに関しては、ボラがアラで勝負を仕掛けるのがわかっていたので、先にポジションを取ってセグンドに入って良かったです。バランスを見た感じで、あそこに入って行きました」

――バランスを見るのは、若手をのびのびプレーさせること?
「個で目立てる選手が、うちには結構多くいると思います。でも、全員が、そういう意識でやってしまうと、チームのバランスは保てないと思うので。昨シーズンまで大地さんが尻拭いしてきたところを、誰かがやらないといけない。その中でボラっていう武器が新たに入って来て、その武器を活かすためには誰かが消えないといけないと思うので。(日根野谷)建とかに関しては、昨シーズンまであまり出られていなかったので、試合に出られる喜びを感じていると思うので、のびのびとやらせてあげたいです。僕は一緒に出ている3人に関しては、生かしてあげようという気持ちでやっています」

――もっと攻撃したいという欲は?
「ありますけど、それでチームが勝てるのであれば、それが最優先されるべきかなと思います」

――内容が良かっただけに、悔しい結果?
「開幕戦に比べたら、だいぶ進歩はしたと思います。固さもとれましたがイージーなパスミスも多かったですし、僕自身、2本くらいカウンターされたシーンもあったので。そういうリスク管理というか、ミスは減らさないと勝負は難しくなってくるかなと。特に名古屋のようなチームと戦うときは、ああいうミスから失点するケースは増えると思うので、ちょっとその意味では見つめ返すべき試合でした」

――いかに攻め切るか?
「そうですね。きっちり決めきるというところと、あとはバランスを考えて、誰かが行ったときはリスク管理して、尻拭いじゃないですけど、最悪のケースを逃れられるようにする。助け合いとういうか、常にカバーリングができていれば、もっといろいろなところで思い切りの良さが出て、もっと良くなると思います」

【Fリーグ2015/16】第2節 33歳高橋の2ゴールで浦安が町田を破り2連勝。

【Fリーグ2015/16】第2節 浦安×町田 浦安・米川監督「昨年より勝ち点を増やせなかったら…」

【Fリーグ2015/16】第2節 浦安×町田 町田・岡山監督「まだ始まったばかり」

(写真 箕輪諒太 文 河合拓)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る