【関東1部】第7節 激戦の末、権田リガーレ分ける。権田は首位キープ フォトレポート

038

相手を圧倒する攻撃力で4連勝と猛進する権田と、徐々に順位を上げ、上位陣を射程圏内に捉えているリガーレ。互いの武器を駆使し、一進一退の攻防が展開された。

前半3分、権田は金子 拓也が蹴りこみ先制点を奪ったが、4分にはリガーレもチャンスを活かす。左サイド前方、前節ファイルを相手に決勝点を挙げた麻賀 郁が仕掛ける。ドリブル突破でDFを振りぬきゴール前へ折り返すと、田嶋 健一が中央で合わせ、見事ネットを揺らしてみせた。麻賀の積極的なドリブルと、若手成長株の田嶋が上手く噛み合い、結果を出したゴールだった。

012

同点弾を奪ったリガーレの田嶋 健一。

さらに8分には、岡野 健が続く。碓井孝一郎とのパス交換からゴール前へ抜け出し、シュートを流し込む。これで2対1とリガーレが逆転。

しかし後半に入り2分、相手PAにてリガーレにハンドの判定。権田が得たPKは、大場 徹がしっかり蹴りこみ、2対2の同点となった。

024

権田・大場 徹がPKを決めてリード。

どちらも譲らない、緊迫した状況がなおも続く。
25分、前線右サイドからリガーレのキックイン。田嶋がゴール前へ蹴りだすと、ゴール左前方の岡野が合わせる。1度はゴレイロに弾かれるが再度押し込み、再びリガーレがリードを取り戻した。

優位に立ったリガーレだが、今季の権田は一筋縄ではいかない。27分、中盤でボールを奪った権田がカウンター。左サイド前方の小池 太郎へつながると、逆サイドの山村 和士がへパスが渡り、これをしっかり合わせてゴール。3-3の同点に追いついた。

034

山村 和士のゴールで3-3の同点に。今季、関東1部の舞台で活躍を見せている。

この後も互いに攻撃を続けるが、試合はこのまま終了。3-3の同点で決着し、勝ち点1を分けた。この結果権田は首位をキープ。リガーレも勝利は逃したものの、首位を相手に敗戦を避け
、4位に落ち着いている。

※フォトギャラリーは次ページへ

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る