【関東1部】リガーレ・西野 宏太郎 「胴上げされるのも貴重ですが、する経験もさせてあげたい」

nishino

首位の権田を相手に、3対3で引き分け勝ち点1を手にしたリガーレ。勝利は逃したものの、着実に順位を上げ、かつアグレッシブなフットサルを今季は見せている。リガーレを率いる西野 宏太郎選手兼監督にとって、この勝ち点1は決して悪いものではなく、頂点を目指す上で必要な勝ち点だった。

ーー今回引き分けで終了しましたが、試合の感想から聞かせてください。
「権田のプレーや特徴もわかっていて、それを消すよりか、自分たちが攻撃のポゼッションを増やした上で守るというか、攻めて消したかったんですけど。でもなかなか、うちは守りのチームなので。自分たちが回して守るというのは、ちょっと出来なかったかなというのが率直ななところですね。まぁそれでもプラン通りというか、引き分けなんでそんなことは言えないのかもしれないんですけど、得点を取られる以外は予想通りというか、上手く出来た部分もたくさんあったので。失点がちょっと予想外でしたね」

ーー権田はとてもアグレッシブですが、リガーレも今年はアグレッシブな守備を見せていますし、今日もそうだったと思います。西野さんも相手の流れを切るプレーが目立っていました。その中でこの結果は、西野さんの中ではどういった意味なんでしょうか?
「前回、前々回で、終了間際であれだけ劇的なゴールを決めてきている相手なので、自分たちとして、3-3でジリジリ戦って、残り1秒、2秒で決めてくるイメージがあった。皆がそれを意識しているかはわからないですが。なので最後、点を取りにいったというか守りに入った部分もあったので。もともと勝ちに行くのか、引き分けで良いのか、そのメッセージを選手に伝えきれなかったのはちょっと申し訳なかったですね。自分の中では相手は首位なので、本当は勝ちがベストですけど、自分ではあまり言いたくはないですが妥当なのかな、とも思います」

ーー終盤タイムアウトの場面は、どういうメッセージを選手たちに伝えたんですか?
「あの時はキックインの流れについて、シューターに1点取ろうということだけ伝えていて。あとはキックインのプレーで1点を取れれば良いんですが、その後の切り替えの守備を大事に、ということを強く伝えました。カウンターで取られてしまったんですけど。わかっていた部分でああやって取られてしまうのはちょっといけないんですが」

ーーさっきも仰っていましたが、この勝ち点1を取れた、負けずに取れたということは大きいのかなと思います。
「そうですね。権田相手に、ということが条件ですけど。やっぱり上のチームが勝ち点3を積み上げて僕らがゼロというのは厳しいので。1分け合ったというのが。首位のチームが離されないことは大事で。勝ち点差は2なので、十分逆転も出来たとは思いますが…前期なので、2勝狙うとか、4位狙うという前に、上位のチームに離されないということが、僕の中ではあった。下位の得失点差を見ても、勝ち点1を積み上げるということが、今年はすごく大事かなと感じています。そういう意味ではちょっと自分の中では、悪くはないのかなと思います」

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る