【関東1部】FCmm・田中 雅也 「全然チャンスはあると思う」

017

この日ハットトリックを記録し、勝利に大きく貢献した田中 雅也選手。浦安セグンドの印象、対策、そして前期終了を間近に控える中で、今後についての意識、展望を伺った。

ーー5-2で勝利しました。まず感想をお願いします。
「感想は、最後まで集中力を切らさないで、走りきったことが勝因だと思います」

ーー浦安セグンドの印象、どういう風な戦いをしてくると思っていました?
「多分こっちがガツガツいったら、パス回しが相手は上手いので、簡単に抜かれるんだろうなと思っていました。あとスピードがあるので。なのでなるべく、無理に取りにいかないようなディフェンスをしようと話していました」

ーー最初は相手の時間帯が長かったと思うのですが、点を取ってから空気は変わった?
「そうですね。うちはいつも立ち上がりが弱いので、先制点だけしっかり取ろうと話していたので。最初はいつもより集中できていたと思います」

ーー田中選手はハットトリックを決めました。CKからアシストもありましたし、今日の自身の活躍については?
「活躍は別にしていないんですけど(笑)ただ皆が僕にボールをくれたので。僕も波がある選手なので、これが続けばいいなと思います(笑)」

ーーmmは誰がきめてもおかしくない、皆が前からいけるチームだと思います。
「そうですね。誰でも点が取れるし、誰でもディフェンスが出来るチームですね。全員でするというのがうちのコンセプトなので、それは意識していますね」

ーー今年は混戦で、勝ち点積み上げていく上で1勝1勝がすごく大事だと思うのですが、ここまでを振り返って自分たちの戦いぶりはどう捉えている?
「今までやってきていることを結構出しきれているので。あとはこの前半で積み上げてきている経験を、後期で生かしていく。前期はまだありますので、残りの試合で生かしていく、という感じですね」

ーーのびのびやっている様に見えますね。
「そうですね。僕は結構自由にやっていますね」

ーーベンチの雰囲気も良く。
「もうそれだけしか勝てないので他のチームには(笑)雰囲気作りはしっかりやっています」

ーー昨年の経験は今年の戦いに生きている?
「そうですね。去年1年間、関東1部初めての年だったので、相手にビビっている部分もありましたし。でもPUMA CUPなども経験して、自分たちではあまり良くわかっていないのかもしれないんですけど、強みには、経験は生きていると思います」

ーー次節以降に向けての意気込みをお願いします。
「とりあえず前期は4位以内に入ることを目標にやって、残りの2試合、チームが勝つ為に何をすれば良いのかというのを自分で考えてプレーして、後期は、1位目指して。本当にどのチームが1位になってもおかしくないと思いますし、全然チャンスはあると思うので」

ーーありがとうございました。

(写真/文 箕輪諒太)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る