【速報・全日本選手権】関東大会「柏トーア、権田全国出場決定。残り1枠町田アスピ、リガーレが争う」

zennihon_kanto_jun_top

31日(日)、東京都・駒沢体育館にて、第21回全日本フットサル選手権関東大会最終日の日程が行われた。準決勝の勝者2チームと、3位決定戦で勝利したチームが、全国大会進出を決める。

初戦の柏トーア’82対ペスカドーラ町田の試合。前半をスコアレスで折り返し拮抗状態となると、後半に馬場 和也が2ゴール奪い柏トーアがリード。終盤にはパワープレーから町田アスピランチの西村 祐飛が1点を返すが、1歩届かずに試合終了。柏トーアが勝利し、決勝進出決定。同時に、全国大会への切符を手に入れた。

第2試合のリガーレ東京対コロナFC/権田の試合は、前半互いに1点を奪い同点で折り返すと、後半5分に松浦 英、小山 浩史がそれぞれ1点を奪い2点のリードを得る。このままリガーレが押し切るかと思われたが、終盤に権田の朏島 賢佑、江成 裕明がパワープレーから得点し、土壇場で同点に追いついた。
決着はPKへ。これを権田が制し、土壇場の大逆転劇で、全国を決める勝利を手にした。権田は、これが全国大会初出場となる。

決勝は15:00より、柏トーア’82とコロナFC/権田が対戦する。そして残り1枠の全国出場権を争って、17:00よりペスカドーラ町田アスピランチとリガーレ東京がぶつかる。


第21回全日本フットサル選手権関東大会準決勝
日程:1月31日(日
)会場:東京都・駒沢体育館

柏トーア’82 2-1 ペスカドーラ町田アスピランチ
リガーレ東京 3(2PK33 コロナFC/権田

15:00 決勝 柏トーア’82 × コロナFC/権田
17:00 3決 ペスカドーラ町田アスピランチ × リガーレ東京

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る