【関東リーグ1部】最終節の見どころはコレ! すべての試合が気持ちの勝負!

komazawa2014

27日(土)、東京都駒沢体育館にて関東リーグ2部最終節が行われ、コロナFC権田が優勝を決めた。この結果、来季より権田が関東1部に参戦。2位となったデルミリオーレクラウド群馬は、1部8位チームとの入れ替え戦に臨むことが決定した。

 

そして28日(日)、遂に関東リーグ1部の最終節が行われる。全4試合、すべての試合が、各チームにとって重要な試合となっている。各試合の見どころ、注目選手を挙げてみた。

残留権賭けた千葉対決。

11:00 第1試合  FC mm×柏トーア’82(残留確定争い)
勝ち点はmmが19、柏トーアが18。
mmが勝利か引き分けとなれば残留確定。柏トーアは勝利した場合のみ残留確定となる。8位になったチームは、関東2部2位のクラウドとの入れ替え戦に臨む。
前期の対戦では、4-5で柏トーアが勝利。接線を柏トーアがモノにしている。
mmは高い身体能力を持つキャプテン、平翔伍に注目したい。柏トーアはゴールへの嗅覚、シュート技術の高い特手翔平の活躍に期待がかかる。
引き分けでも入れ替え戦は免れるmmがやや有利に見えるが、勝利しか許されない柏トーアも積極的に得点を狙ってくるはず。関東1部残留がかかるだけに、ある意味この試合が一番気持ちのこもるものとなるかもしれない。

002

FC mm 平 翔伍

003

柏トーア’82 特手 翔平

 

地域CLへの道をこの手に。

12:50 第2試合 バルドラール浦安セグンド×リガーレ東京(地域CL出場権争い)
勝ち点24の浦安セグンドと勝ち点23のリガーレ。
浦安セグンドは、最終戦でブラックショーツが敗戦か引き分け、この対戦でリガーレに勝利すれば4位が決定。ショーツが引き分け、この試合が引き分けた場合でも、浦安セグンドが4位となる。
リガーレは、ショーツが敗戦か引き分けた上で、この対戦に勝利することが4位の条件だ。
高いテクニックを持つ若手選手が多い浦安セグンドと、経験ある選手が多くバランスの良いリガーレ。前期対戦では2-2の引き分け。リガーレはキャプテンである松浦英に注目したい。攻守ともにチームを支え、精神的にもチームを支える要だ。浦安セグンドは、勢いのあるドリブルが持ち味の岡田彬伸に注目だ。

001

リガーレ東京 松浦 英

004

バルドラール浦安セグンド 岡田 彬伸

 

優勝の可能性は譲れない。

14:40 第3試合 カフリンガ東久留米×ゾット早稲田(優勝争い)
勝ち点28同士で2位につく両者。カフリンガは、首位ファイルが敗戦し、ゾットに勝利、もしくは引き分けた場合優勝。ファイルが引き分け、この試合にカフリンガが勝利した場合も優勝となる。対するゾットは、ファイルが敗戦、もしくは引き分けた上で、この対戦でカフリンガに勝利した場合のみ優勝となる。
前回対戦ではカフリンガが2-5で勝利している。互いに連勝続きで最終戦を迎え、好試合が期待される。
ゾットの注目は、現在得点ランキングトップの米谷悟。高いテクニックと個人技で、今季は得点を量産している。カフリンガの注目は、前節でもゴール、アシストともに記録した垣本右近。自身でゴールを奪うことも、他の選手を活かすプレーも見どころだ。

008

ゾット早稲田 米谷 悟

007

カフリンガ東久留米 垣本 右近

 

自身の手で優勝を。自身の手で地域CLへ。

16:30 第4試合 ブラックショーツ×ファイルフォックス府中(地域CL&優勝争い)
勝ち点24のブラックショーツと、勝ち点29で首位のファイルフォックスの対戦。
ショーツは、ここで勝利した場合のみ4位が決定。
ファイルは勝利すれば優勝決定。引き分けの場合、第3試合も引き分ければ、この場合も優勝となる。
ファイルは、今季より加入となった佐藤雅啓に注目だ。初の関東1部ながらチームに大きく貢献し、現在得点ランキングも3位につけている。テクニックの高さ、得点能力の高さに注目だ。ショーツは、前線で力強いキープ、シュートを持つ岡花弘始に注目したい。岡花のシュート、他選手を活かす展開力が強みだ。

005

ファイルフォックス府中 佐藤 雅啓

006

ブラックショーツ 岡花 弘始

 

以上の様にすべての試合に、優勝、地域チャンピオンズリーグ出場権、残留。重要な項目がそれぞれ詰まっている。
第1試合から第4試合まで、選手たちの気持ちが途切れることはないだろう。最終節は単純に、気持ちの強さが勝敗を決める日となる。
ぜひとも現地、駒沢体育館にて、激闘を目に焼き付けてもらいたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る