【関東1部】mm・田中 奨 「不思議な力が本当にあるなとも思っています」

021

この日2得点でチームの勝利に貢献した田中 奨。得意のドリブルで敵を引きつけ他を生かせば、自身でも決めることが出来る選手だ。ここまで9ゴールで得点ランキングも2位と、チームと同様、個人としても好調を見せている。
思い返すと今年5月、試合中に一時心肺停止となり、命の危険にもさらされた。だがその経験も、今は大切に気持ちをこめてボールを蹴るということにつながっている。これも好調の要因となっているのかもしれない。

 

ーー最終的に7-2で勝利しました。まず感想からお願いします。
「チームで、ファイルさんは気持ちが強いよということは話していて。やることは縦に当てたあとに走ってくるから、ついていこうと。絶対に最後は気持ちの勝負になると。ファイルとうちは似てるタイプだと思うので、最後は声を出して、気持ちで絶対に守ろうとチームで話し合っていました」

ーー今仰っていた様に、ともに似ているチームだなという印象があります。mmは気持ちの部分ではこの試合だけでなく、ここまで通して強く見えます。
「そうですね。失点しても、ベンチから皆が声を出してくれるので勇気付けられますし、逆にベンチにいる時は、出ている人を勇気づけられる様な声を出す。ベンチに入っている入っていない関係なく、声が出ている時は勝てていると思います」

ーー今のmmの強み。プレー面ではどういうところにある?
「多分、1番関東リーグの中では下手だと思うんですよ。戦術理解だったり技術だったり。でも勝てる。それは正直僕らでも不思議なんですが。ブラックショーツ戦のラスト何秒かで勝ち越しゴール決めるのも、不思議だなと思っていますね。強いていうなら、”チーム愛”ですかね。皆が仲良くて、そういうところが強さなのかなと思います」

ーー前に浦安セグンドにいたと思うのですが、他チームでの経験を踏まえても、技術的に自分たちは上手くないと。
「絶対に1番下だと思います。絶対に」

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る