【関東1部】ファイルフォックス府中 吉成 圭「今日は詰めが甘かった」

CP4A7618

一度はリードを得たファイルだったが、mmの追い上げは同点に結びつき、3対3で勝ち点1を分けた。試合後、ファイルの吉成 圭選手兼監督は浮かない表情だったが、それでも「確実に階段は登っている」と、チームに対して信頼を口にしていた。

ーー3-3で引き分けとなりました。全体を振り返ってみるといかがですか?
「いやー…複雑な気持ちですね。勝ち点1が取れたと考えると良かったと思うんですけど。でも、勝ち点3が取れなかったと考えれば、やっぱり悔しい」

ーー1度はリードを奪って、そのままいきそうな流れでもありましたが、後半で変わってしまいました。
「相手はすごく切り替えが早くて、すごく頑張ってくるチームでした。試合していても本当に良いチームだなと思いましたし。
やっぱり流れというものはあって。前半とか後半の頭はうちの流れで、その時間というのはシンプルに縦パスが入ったり、相手ゴール付近でフットサルをする時間が長かった。でも相手のプレスがかかり始めたり、ミスが頻繁に起こる様になって、どうしても向こうに流れがいってしまう。やっぱり流れがいったら強いチームなので。決めるとこ決められなかったこと、苦しい時に、ボールを前に運べないというところが、今の反省点かなと思います」

ーー自分たちがポゼッションしてやっていくこと、相手に持たせてカウンターと、どちらの方がやりやすいなどあったりしますか?
「いや、どっちもですかね。今日は割と自分たちがやろうとしていたこと。相手のこういうところを消して、自分たちの良いところを出していこうというのが、結構最初の方は出せていた。それがさっきの流れの話しにもなるけど、向こうに流れがいくと我慢の時間が長くなってくる。でもそういうことはどんな時でもあるので、自分たちの流れの時も点を取らないといけないし、そうじゃない時は我慢して失点を抑えないといけないし。そういう意味では、どちらが自分たちのスタイルというか、それぞれの時間の時にやらなければいけなかったことについて、今日は詰めが甘かったと思います」

ーー相手と勝点1差ということで、リーグの中でも接戦です。この対戦で得た勝ち点1を今後に向けてどう捉える?
「勝ち点3を取ることが僕らの中で至上命題だったので、さっきも言った通り複雑な気持ちで。でも勝ち点1というのは、絶対どこかで僕らのことを助けてくれると思うので、これを大切にしたいと思います」

ーーポジティブに捉えて。
「そうですね。本当に少しずつではありますが、チームは確実に階段を登っていると思うので。前期は7対2で大敗している相手なので、そこに負けなかったところは、もしかしたら今日の1つのポイントなのかもしれないです」

ーーありがとうございました。

(写真/文 箕輪諒太)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る