あがりゃんせ・南監督「勝ち点何よりも、まず勝つことを意識していたので、勝ててよかった」

003

関西1部は2年連続での滋賀県開催。ホームゲーム開催ののあがりゃんせは、見事2年連続でホームでの勝利を掴むことが出来た。
あがりゃんせの南陵志監督は、ホームで白星を飾れたことに満足し、安堵している様子を見せた。難しい試合ではあったが、2年連続での開幕ホーム勝利は、応援に駆けつけた方たちにとっても価値ある勝利となったことだろう。

ーー劣勢をはねのけての逆転勝利でした。まず感想からお願いします。
「そうですね、とりあえず勝ち点何よりも、まず勝つことを意識していたので、勝ててよかったです。特に、2年連続での滋賀県ホーム開催なので、そこで勝てたことが非常に大きいと思っています」

ーーあがりゃんせさん、昨年もホームゲームらしい雰囲気を作って、勝利していました。見てくれた人にも良い感覚を味あわせてあげられたのでは?
「関西リーグ、滋賀県開催が年1回だけなので、そこは出来るだけお祭り気分を出したいと思っていまして。見てくれた方にフットサル、あがりゃんせというものに触れて頂いて、色々興味を持って頂けたらいいかなと思っています。なので、勝ててよかったと思っています」

ーー対戦相手のフエルテについて。対戦してみて、どんなイメージを持つ様になりましたか?
「去年、非常に大事なところで負けてしまいまして、うちがずるずるいってしまったので、今回はとても良いリベンジの機会をもらったと思っています。厳しい戦いになるとは思っていたのですが、結果が出せて非常に良かったと思っています。ただ、これから非常に強くなるチームだと思うので、最初にやれてよかったと正直思いました」

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る