あがりゃんせ・南監督「勝ち点何よりも、まず勝つことを意識していたので、勝ててよかった」

ーーフエルテも上手いなと見ていて思ったのですが、それ以上にがんばったというか必死にプレーした、そんなイメージがあがりゃんせにはあって。それが勝利を引き寄せたと感じています。
「うちはもう泥臭く、走ってなんぼなので、それに対しては皆泥臭く走ってくれたと思っています。しっかり身体張ってプレーしてくれたので、それが結果に出てよかったと思います」

ーーこれから見てくれる方へ、どんなところが関西リーグの魅力だと伝えたいですか?
「そうですね、ここ何年かの実績を見ても、日本一になったチームは関西のチームばかりなので。どの地域と比べて、というのは変なのですが、地域として非常にレベルが高いと思っています。よりフットサルの魅力も伝わると思いますので、それぞれ個が強いチームも多いので、それも楽しんでもらえればと思っています。その中でも、SWHや高槻の様な組織のあるチームもあるので、個対組織の様な、そんな構図も楽しめてもらえたらと思います」

ーーコートの中で戦っている身としては、どんな魅力を感じますか?
「見逃せない展開、一瞬でも気を抜いたら点が入りますし、気の抜けないリーグですね。中にいる身として、僕は1分1秒を楽しめるリーグかなと思っています」

ーーありがとうございました。

(写真・文 ミノワリョータ)

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る