【関東1部】第6節 田中 優輝4点爆発。浦安セグンドが引き分け持ち込む。 フォトレポート

025

この試合は開始からしばらく、カフリンガのペースで進んでいた。
6分、早川 裕樹のパスを内田 淳二が決めて先制すると、9分にも高橋 祐からのシュートパスを、走りこんだ坂本 隆が押し込んで2点目。さらに16分にも小宮山 雅司が追加点を挙げ、カフリンガが3点のリードを得る展開。

008

チーム2点目を奪ったカフリンガ・坂本隆。

劣勢に立たされている浦安セグンドは、終始覇気がない様子だった。攻守ともに統制が取れず、打開の一手も出ない。パス回しも普段に比べ鈍く、主導権を握ることが出来ずに、折り返しを迎えてしまった。

後半に入っても、この図式は変わらずに試合は進む。
27分、カフリンガの早川 裕樹が決めてスコアは4-0。内容を見ても、この結果の通りの差が見えた。この時点でカフリンガのホーム勝利は確実かとも思われた。

しかし、浦安セグンドの田中 優輝が奮起する。
32分、浦安セグンドはパワープレーからチャンスを狙う。ここで田中がシュートを蹴りこみ1点を返すと、37分、島田 大陸からの折り返しを再び田中が蹴りこみ2-4。徐々に、浦安セグンドが差を詰めていく。
まだ、この勢いは止まらない。38分、左サイドから田中が、勢い良くシュートを突き刺しハットトリックとなるゴールを決めると、同分、カウンターから浦安セグンドがつなぎ、最後はこれも田中がゴール前から押しこむゴール。

8分で4得点を田中が奪う、劇的な猛追劇。試合は、このまま終了を迎えた。

012

試合終盤、4得点の活躍を見せた田中 優輝(写真左)。

4-0のカフリンガリードから、浦安セグンド・田中 優輝が4点を奪い返しドローでの決着。
敗戦が確実の様な空気から、なんとか勝ち点1をつかんだ浦安セグンド。対してはカフリンガは、終盤に流れを明け渡してしまった、悔しい勝ち点1となった。

※フォトギャラリーは次ページへ

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る