【関東1部】第13節結果 柏トーア首位堅め。ゾットはショーツに前期雪辱果たす。

kanto13_top

23日(月)、埼玉県・三芳町総合体育館にて、SuperSports XEBIO 第17回関東フットサルリーグ1部 by PENALTY 第13節が行われた。

初戦、首位の柏トーア’82はバルドラール浦安セグンドと対戦。先制からリードを保った柏トーアが7-3で浦安セグンドを破り、勝点3を手にした。

2試合目。2位のコロナFC/権田は、カフリンガ東久留米と対戦。先制点を奪ったものの、その後はカフリンガが2点を奪い、権田の惜敗。首位との距離を詰めることは出来ず、差は広がってしまった。
※権田と同勝ち点のリガーレは、今節は設営のため無試合。柏トーア、権田より消化試合が1つ少ない状態。

3試合目のFCmm対ファイルフォックス府中の試合は、3-3の引き分けで勝ち点1を分けた。似たスタイルの両者が演じた試合。攻守の切り替えが速く、目まぐるしく変わる試合展開に、観客も大いに湧いていた。

最終試合のゾット早稲田対ブラックショーツは、開始直後から得点を重ねたゾットが流れをつかむと、終始勢いを落とさず次々とゴールを量産。終わってみれば10-2と大きく差をつけて勝利を収めた。
この対戦、前期では13-1でショーツが大勝したが、今回は正反対の結果となった。ゾットからすれば、前期の雪辱を果たした格好だ。

首位の柏トーアは、2位との勝点差を1から4へと広げた。残り5節、このまま逃げ切ることが出来るか。


SuperSports XEBIO 第17回関東フットサルリーグ1部 by PENALTY 第12節
日程:11月23日(月)会場:埼玉県・三芳町総合体育館

バルドラール浦安セグンド 3-7 柏トーア’82
コロナFC/権田 1-2 カフリンガ東久留米
FCmm 3-3 ファイルフォックス府中
ゾット早稲田 10-2 ブラックショーツ

第13節 PIX BEST5

FP 馬場 和也(柏トーア’82)
FP 坂本 隆(カフリンガ東久留米)
FP 千葉 一貴(FCmm)
FP 雪島 洋樹(ゾット早稲田)
GK 安藤 貴男(ゾット早稲田)

関東1部 順位表 〜13節

順位チーム名試合数勝ち点得失点差
1柏トーア’82122511
2リガーレ東京112112
2コロナFC/権田12216
4ゾット早稲田12196
5FCmm1215-1
6ファイルフォックス府中1214-3
7カフリンガ東久留米1112-11
8ブラックショーツ1111-5
9バルドラール浦安セグンド118-15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る