【関東1部】ファイル・田中 惇史「もう自分たちは下位なので、這い上がっていくしかない」

017

後期初戦、見事勝利したファイル。監督である吉成 圭も躍動したが、今季Fリーグ・府中アスレより加入した田中 惇史も、関東1部初ゴールを奪った。
「自分たちは下位なので」としっかり足元を見つつ、ここから優勝を狙っていく。その中で、経験と実力を兼ね備えている田中の活躍は、必要不可欠なものとなるだろう。

ーー2-5で勝利となりました。全体を振り返ってください。
「先制されてからも慌てず、上手くボール回しが出来たので。そこから崩して、とにかく慌てなかったのが1番よかったですね」

ーーなかなか前期勝てない中、この後期1試合目は取りたいところだったと思います。この結果についてどう捉えている?
「もう自分たちは下位なので、這い上がっていくしかないと思っています。そういう話を皆でしていて、皆で声出して、勝ちにこだわろうということを話してきました。全員をれを意識した結果が今日の結果だったと思います」

ーー相手は首位ということで、上を落として勝つという意味でも非常に大きかったと思います。
「そうですね。やっぱり上に勝たないと優勝するチャンスがないので。どのチームもですけど上のチームに対して、勝ちにこだわって出来ればなと思っています」

ーー自身として今季初ゴールですよね。
「長かったですね」

ーー前に吉成監督にインタビューした時も、非常に期待している旨を聞きました。今後に向け良いきっかけになるゴールだったんじゃないかと。
「そうですね。もう、心のなかではすっきりしているので。ここから点決めていって、チームに貢献出来れば。それが勝ちにつながれば1番良いことだと思います」

ーー瀬戸選手、徳嶽選手が抜け、その中で府中から加入されました。期待される部分も多いと思いますが、今後への意気込みがあれば。
「吉成さんから言われているのは、ゴール前やパスの部分の働きなので、チャンスメイクもそうですし、自分で得点も出来る様に、これから調整していいきたいです」

ーー勝つ試合はしっかり追い上げてくるファイルですが、結果だしていくチームだと思います。このチームの印象は?
「最初の印象は、まだフットサルに慣れてないなというところがありました。動きだったり、パスの質だったり。今日もパスミスとか合わない部分もあり、それも課題だと思うので。これからしっかり話してパスなど質を上げていければと思います」

ーーまた後期戦う上で意気込みをお願いします。
「自分たちは下位なので。優勝出来る様に1つ1つ目の前の試合を戦って、勝って、優勝争いできればいいなと思います」

ーーありがとうございました。

(写真/文 箕輪諒太)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る