【関東1部】ファイルフォックス府中 田中 惇史「決めきる力をつけていかないと、優勝争いには残れない」

15k1_16s_liga-fire1034

リガーレ東京を相手に、なんとか勝ち点1を奪ったファイルフォックス府中。パワープレーから同点弾を決めた田中 惇史に話を聞いた。1部残留を賭け、勝つ気持ちを持って残り2試合も戦うつもりだ。

ーー3-3の引き分けでした。まず感想からお願いします。
「自分たちは昨日設営で試合がなく、リガーレさんたちの試合を見ることが出来ました。相手は1試合多く、前半から体力的にきつそうに見えていた。チャンスはこっちの方が多かったと思いますが、決める所ですね。こっちは20本くらい打ってましたし、決めきる力をつけないと、優勝争いには残れないですね」

ーー前半は岡野選手のゴールでリガーレが流れをつかみましたが、ファイルもそこから盛り返しました。後半はこのままでは終わらない、という気持ちを持って戦っていたと思います。
「まず、ディフェンスでは岡野君にやられていない感覚があったので、そこをしっかりやること。それがキーになると思っていたので。そこでしっかり止めて、プレスもしっかりかけてやっていれば自分たちのチャンスは増えると思っていたので、焦る必要はなかったかなと思います。後半もチャンスは多かったので」

ーー今最下位が勝ち点11で、ファイルが14。勝ち点1でも得たものは大きかったのではないかと思います。
「そうですね。パワープレーは自信がありますし、そこで決められたのはさらに自信につながる部分だと思います。そこから勝ち点1でも取らないと自分たちは残留出来ないので。そこははっきりしましたね。パワープレーをやってよかったと思います」

ーー残り2試合です。この2試合をどう戦うか。
「相手より勝つ気持ちを出してやれば、勝てると思う。残り2試合とも残留争いをしているチームが相手なので、負けない気持ちで戦えば、結果はついてくると思います」

ーー今日と同じ様に戦うと。
「そうですね」

ーーありがとうございました。

(写真/文 箕輪諒太)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る