【関東1部】柏トーア・高村 輝 「満足するのではなくひたむきにやる」

215

前半から身体を投げ出してディフェンスに貢献していた高村 輝。後半では攻撃面でも活躍し、カウンターからチーム4点目を奪った。
チームではキャプテンを務めたこともあり、感情の強さも特徴の1つ。試合後には勝利の喜びと、関東の魅力を伝えたいという思いも、多く話してくれた。

 

—4-3でかなり厳しい試合となりましたが、終わってみていかがですか?
「2連敗してるというところからすると、もう一回、自分たちがどういう気持ちの持ち方というか、メンタルで試合に臨まなければいけないのか。3連勝して満足している、という空気ではないですけど、ちょっと抜いているところがあったから、そこを見直したということはありました。全体的に、チームで戦えたと思います」

ーー最初3連勝したあとに2連敗ということで、危機感もあった?
「3連勝している時も言い続けていたんですけど、俺たちは上手くないでしょと。チャレンジャーということは変わりないし、降格争いをしていたチームなんだから、そこは見直そうねと話していました」

ーー今日は2点をまず先行されて、そのあとにどんどん取り返していった形です。相手のどういうところを警戒して、自分たちのどういった戦い方を出そうとしていたのか。
「相手のパス回しもすごく怖かったし、個で打開できるというところで、やはり守備から入るということをしました。自分たちの特徴であり、上手く点がとれているカウンターを特に出せれば良い、と思っていました」

ーー前半立ち上がりが特に、高村選手は守備を意識したプレーをして、身体を投げ出していました。後ろに出てきボールにすぐ反応して。
「守備からという、僕が一番貢献できるのがまずそこなので。そこで貢献して、チームのテンション上げるというか、鼓舞させることをやりたかったので、よかったと思います」

ーー高村選手のゴールもありました。ちょっと振り返ってもらえますか?
「あれはカウンターだったので、相手も枚数かかっていなかったし、とにかく走れば来るなと。そう信じて走った結果です。ドンピシャでしたね。あれはカツ(田中)の作り上げてくれた得点だと思っています」

ーー今年特に、勢いに乗ったら皆が連動し始めるイメージがあります。今年の柏の強みは?
「強みというか、強みにしなきゃいけないところはあります。やっぱり自分たちの良い時間帯はすごく乗れると思うんですけど、じゃあ失点した後とか、上手くいっていない時に、どういうメンタルで、どういう動きをして、というのが不明瞭なのが、自分たちの弱いところ。そこで良い声を出してあげたり、動きで変えてあげたりとか、そこでもっと上手くできたら、もっと良くなるのになと思います」

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る