【関東1部】柏トーア・高村 輝 「満足するのではなくひたむきにやる」

ーー先ほど言っていた様にチャレンジャー精神という部分はあまり変わらないと思うのですが、首位に柏と権田がいる状態です。この順位に対してどう思うか。
「これで僕らは少し間が空くんですが、やっぱり最後、シーズン終わった時にこの順位にいれるかということだと思うので、この期間にしっかり見直して、とにかくひたむきに。よくチームに言っていることなんですが、とにかくひたむきにやること。そこを見直して、声をかけていきたいと思います」

ーー自分のどういう力を、チームの為に使っていきたいか。どんな選手が理想?
「奈須さんが監督だけど、自分たちがいち選手で、自分たちがコートの中にいるから、そこで信頼される様な選手になりたいし、信頼される様な選手を目指しているから。ゲームをコントロールできるというか、チームを盛り上げられる選手になりたいと思います」

ーーこの試合の話ですが。お互い勝負強いチームだったと思います。そこで特に1点差で、面白い試合展開になりました。プレーしている中で、この試合をどう感じた?
「いやーチームでも話していたんですけど、状況的に0-2から2-2に追いついた時点で、やっぱり楽しいねという話をしていて。楽しもうよと。4-3にされても、いやこれで取ったら楽しいじゃんと。僕らがフットサルを、究極の趣味の延長としてやっているのは、フットサルが好きだし、楽しいし、これがそういうことだと思うので。そこを味わいたいよねという話をしていました。それが見ている人に伝わってくれれば良いなと思って、僕らはやれたらなと。そんなの思ってるの僕だけかもしれないですが(笑)」

ーーいやそんなことないと思いますよ(笑)
「やっぱりFに勝たなきゃいけないというか。Fも面白いけど関東も面白いよ、というところを見せたいので。
例えば関東は降格ということがある。僕らは実際降格争いを体験していて、その怖さをわかった上で、よりアグレッシブなプレーをして優勝も目指している。降格という、色んなものを失う機会がある中で、それでもそれを怖がらずに面白いフットサルをやろうとしている。Fはとてもレベルの高い舞台ですが、気持ちの部分だったり、エンターテイメント性という部分では、関東も負けてはいないと思うので。今日のゲームは特にそんな試合だったんじゃないかと思いますね。Fに負けずに、関東も面白いよ、というところを発信していきたいので、お願いします(笑)」

ーーわかりました(笑)。
「Fリーグが別、ということではなくて、関東リーグ見て、ああフットサルって面白いなと思ってもらって、Fリーグも見てみるかと。そんな流れが生まれれば良いなと思いますね。Fリーグって何?選手権って何?とか。そういうところに興味が持てる様になってくれれば」

ーー僕も、関東リーグに魅力を感じてもらって、そのままFに興味を持ってもらいたいと思っています。そうなってくれれば良いですね。
「そうですね。その為に必要なのがFUTSAL PIXだと思っています」

ーー最後に持ち上げていただいてありがとうございます(笑)次節以降に向け、意気込みをお願いします。
「とりあえず、2週間空くので。ここでチームで見直しをして、自分たちの目指すこと、満足するのではなくひたむきにやること。下手くそなんだから、上手くなるために、なにか努力しなければいけない。睡眠や、食事、プレーの動画を見ること。なんでも良いから改めて意識してやっていきたいですね」

ーーありがとうございました。

(写真/文 箕輪諒太)

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る