【関東1部】浦安セグンド・新造 邦明 監督「フットサルに狂うくらいではないと、上に行っても活躍出来ない」

shinzo_urayasu

Fリーグに所属するバルドラール浦安の下部組織、セグンド。関東1部で戦う以上優勝を目指すのはもちろんのことだが、選手たちがプリメーロに昇格しても十分に活躍する能力を付けることが、大きな意味を持つチームだ。選手としてプリメーロとセグンド両カテゴリを経験している新造邦明監督は、その為にも、選手たちによりフットサルにのめり込んでいくことを望んでいる。

ーー試合を振り返ってみて、印象はいかがですか?
「リガーレが去年以上にアグレッシブにやってくるということで、エントレリネアス(相手のディフェンスライン間に入る動き)をどう使うかということで、しっかりビデオミーティングを長く使いました。前半のところは使えた場面はあったんですけど、じゃあ使ってからじゃあどうするんだというところで、結局使って、アラが出ないで。3対2の状況を作れるのに、止まっちゃうとか。そういうところがまだまだ理解が出来ていないのかなというところと、途中でマンツーマンで切り替えた時の対応も、まだまだ身についてないというか。頭では理解していても動きは遅いということで、練習量の問題なのかなと思います。もっともっと練習したいですね」

ーーまだまだ完成には遠いとは思いますが、今のチームに期待する点は、新造監督から見ればどこになる?
「去年よりも平均年齢が若く、21歳くらい。フットサルは経験のスポーツと言われますがまさにその通りだと思っています。正直難しいところはありますが、それでも練習は関東リーグの中では一番やっているとは思いますし。ただFリーグと比べたらもっとやらなければいけないのですが、そういう状況の中で、どれだけ自分で、それ以外の時間を使えるかというところを、選手たちにはもう少し自覚を持ってほしい。というか、もう少しのめり込んで、フットサルに狂うくらいではないと、上に行っても活躍出来ない。そういうところではもっと厳しくやっていこうと思いますね」

ーー口酸っぱくその思いを言い続けていると思いますが、上でやれる選手が今もいるという期待もあるからこそ?
「例えば、浅野、野村、大橋(今季プリメーロでもプレー)にしても、結局まだまだなので。僕が教えられる範囲、キャパがそれほど多くないので、その中で彼らもまだ伸び悩んでいる部分はあると思います。プリメーロで昨日野村が試合に出て。プリメーロの監督もそういう考えでやっているというのもあって、今ある時間をどれだけ、大事に使っていけるかというのが、3年、5年、10年後の人生変わると思うので、それは日々指導し、やってもらいたいところです」

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る