【関東1部】柏トーア・奈須 隆康「僕が太刀打ち出来ない様な若手が急成長してくれれば」

nasu

前期4位以内を確定させる貴重なゴールは、今季選手復帰した奈須 隆康が決めた。監督としてもチームを先導するが、今回の様に選手としても活躍を見せ、他選手に刺激を与えている。
ここまでの柏トーアの戦いについて、そして自身がプレーする上での影響について、話を伺った。

ーー2-1で勝利しましたが、全体を振り返ってみていかがですか?
「そうですね…自分たちが意図しているディフェンスが発揮出来ていた時間帯と、裏を狙われて、相手に間を使われてしまう時間帯と、今日は代わる代わる攻守で忙しかったんですが、選手がやってきたことをしっかり信じて、そこで気持ちを切らずに最後までやり通してくれたことが、勝利につながったのかなと思います」

ーー浦安はいつも序盤は良く、前からいったら上手くプレス回避されてチャンスを作られてしまうと思うのですが、どう対応しようと思っていた?
「ディフェンスの部分で、リズムが同じ調子でやってしまうと彼らボール回しがすごく上手いので。のらりくらりとした時間で、ディフェンスをふらっとかわされてしまうというのが、スカウティングする中でも、他のゲームを見る中でもしっかり見えていた。うちとしてはディフェンスのリズムを変えたいということでトレーニングに入っていたので、前からかける時間帯と、引いて相手が来てから取りに行く、色んなリズムを変えてディフェンスをする中で、今日良い時、悪い時とあったんですけど、そのリズムを変えるということを意識して取り組みました」

ーー最初相手が先制して、その後こう着が続き、後半早々に返しました。あそこからまた次にゴールするまで、精神的にもすごく長く感じていたのではないか。
「そうですね。ディフェンスの部分において、相手の攻撃の方が1枚も2枚も上回っていて。逆にうちが奪ってカウンターに出るタイミングで、相手の切り替えもすごく早かったので。うちの良いところを1つ消されている印象はあったんですけど、それでも腐らずディフェンスからしっかり入って、高い位置でボールを動かせていた時はうちもシュートまではいけていたので、そこら辺の精度高めていきつつ、カウンターと回しながら相手を崩すということが両方出来る様になると、また違ったゲームの展開もあったのかなと思います」

ーー最後、抜けだした奈須さんがしっかり決めて、勝ち越し弾を奪いました。前回インタビューした時はまだ選手復帰前でしたが、復帰後、こういう大事なゴールを決めていかがですか?
「あの得点は、今日のうちのチームでは誰しもがあり得る状況だったと思います。プレスが上手くかかって、ディフェンスでボール奪って、カウンターに出ていく。たまたまあそこで走りだしたのが僕で、近くで奪ったので僕が走りだしたんですけど、あれが僕じゃなくても、奪った瞬間に出るということを皆意識してやっていて。それを自分が体現出来たのは、選手にとっても力強く今後信じてもらえるのかなと思うので、こういうところはしっかりやっていきたいなと思います」

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る