【関東1部】ショーツ 飯田 敏基 「結果を残すチームは、確実に勝つという部分にこだわっている。」

006

ここまで首位の柏トーアを倒し、ようやく初勝利を手にしたブラックショーツ。試合終了間際に決勝ゴールを決めたのは、中心選手の1人である飯田敏基選手が。
長く関東リーグで戦ってきた飯田選手も、この2年続いている混戦は体験したことがないとのこと。その中で、1つ1つの勝利にこだわっていくことが重要だと話した。

ーー2対1で勝利ということで、振り返ってみていかがですか?
「そうですね、今季まだ勝利がなかったので、まず1勝目というのは、相手どうこうではなく苦労するとずっと思っていました。逆に、もう少し力が抜けて戦えるかなと、これからは。ここからがスタートという感じですね」

ーー相手どうこうではない部分もあると思いますが、3連勝していた柏トーアを相手に、何をチームで話して試合に臨んだのか。
「冷静に戦えばチャンスは必ず来るというのは皆に伝えてあったんですけど、どうしてもなかなか結果が出ていないので、勝負するところで、見ていてもちょっとブレーキがかかってしまうというか。ここいけばいいのかな、というところが、アンパイになっちゃうところ。負けているチームには良くあると思うんですよね。それがあったので。でもそこはある程度仕方ないということは話したので、その中でもしっかりチャンスを決めようと話していました。特に、後半はチャンスを作れていたんですけど、なかなか決めきることが出来なくて。ただ、ああいう中後半1対1でずっと流れてて、相手にチャンスも出てきたり嫌な時間が続く中で、その部分で僕ら経験があるメンバーが要所要所を抑えていかなければいけないのかなと思ってやっていました」

ーー昨季も最初の勝利までにすごく苦労していたと思います。でもその後には順調な戦いを見せていました。やはり最初の1勝は大きいですか?
「そうですね。これは僕も、もう少し若手に思い切りやらせてあげなければいけない部分だと思うんですけど。逆に負けはしましたけど、mm戦も残り1分切ってからの逆転ゴールというのもあって、競った試合はしているんですけど、そこでなかなか勝ち星を拾えなかったり。チームとしてもう少し、最後のフィニッシュの部分を、若手とかは関係なく皆変えていかなければいけないのかなと思っています。まだまだこれから、混戦なので、上を目指してがんばって行きたいと思います。」

ーー飯田選手も長くこの舞台で戦っていますが、昨季、今季の様な混戦って今まで経験ありますか?
「ない、ないですね。毎年、始まる前はなんだかんだで力の差がないとか言うんですけど、結局は最後離れたり、というのが多かった。今は総合力、メンタル面、戦術面、フィジカル部分も含めて、どこも本当に同じくらいだと思います。どこのチームも切磋琢磨しているので、昨季、今季と同じような展開が予想されるのかなと。4試合やって、既にどこが勝ってもおかしくない雰囲気がありますよね。ただ、この中でも結果を残すチームは、確実に勝つという部分にこだわっている。そうじゃないと僕らも勝ちを拾えないと思うので。去年最後の最後で落ちていったのはそういう部分だと思うので。チームのコーチ、監督含めて意識してやっていきたいです」

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る