【関東1部】ゾット×柏トーア 柏トーアがゾットを破り開幕2連勝。

0030

開幕節、権田との死闘を制したゾットと、カフリンガに大勝した柏トーア’82が、2節にて対戦した。
昨季の両者対戦成績は、1勝1敗と5分5分の成績。ともに優勝争いの最前線で戦ったチームだ。

試合は3分、中田典宏からのパスを、ゴール前に走る磯崎良太が合わせて柏トーアが先制点を奪った。
その直後、ゾットもオウンゴールを誘い同点に追いつくが、その1分後には再び磯崎が得点し、柏トーアがリードする展開。

互いにプレースピード、攻守の切り替えも速く、めまぐるしくシーンは変わっていった。

後半に入り27分。ここでゾットの丸山淳が、ゴール前へ折り返しに上手く合わせて蹴りこみ、2-2の同点に持ち込んだ。

しかし喜びもつかの間。28分にはゾットゴール前でボールを保持した若林優汰が正面からシュートを突き刺し、勝ち越しの3点目を奪った。

ゾットもアグレッシブな攻撃から追加点を狙うが、度重なるチャンスにも、柏トーアのゴレイロ・福重勝徳が対応。ファインセーブでチームを救い、流れを渡さない。

36分には、柏トーアのエース馬場和也が4点目を奪い、ここで試合は終了。
2-4で柏トーアがゾットを破り、開幕2連勝を掴んだ。


SuperSports XEBIO 第18回関東フットサルリーグ 1部 by PENALTY

第2節 ゾット早稲田 2-4 柏トーア’82

03’44” トーア 磯崎 良太(11)
03’50” ゾット オウンゴール
04’44” トーア 磯崎 良太(11)
27’48” ゾット 丸山 淳(5)
28’58” トーア 若林 優汰(8)
36’07” トーア 馬場 和也(19)

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る