カフリンガ・鰐渕恭輔「優勝とか王者とか、そういうものでは全くない」

0009

開幕節は落としてしまったが、2節目にてクラウドに大勝したカフリンガ東久留米。
しかし、勝利の喜びより多くの課題が目につくと、この日キャプテンマークを巻いていた鰐渕恭輔は口にした。
6年前、フウガ全盛の時代に優勝を果たした名門チームも「今はチャレンジャー」の気持ちを持って、目の前の勝利を掴みに奔走している。

ーー9-2で勝利となりましたが、感想からお願いします。
「うーん…チームとしても上手くいかない部分が多かったんですけど、相手の体調とかもあって、上手く勝ち点3が取れてよかったと思います。課題がたくさん見えた試合だったので、1週間後また試合があるので、修正していきたいなと思います」

ーー今までと今のカフリンガを比べると、どんな違いがありますか?
「正直なところを言うと、体力的な面も落ちてきているなと思うところはあります。若手もまだまだ未熟な部分があるので。もっともっと若手、中堅が成長していかなければ厳しいシーズンになってしまうのではという、危機感も持っています」

ーー結構点差もつきましたが、自分たちの課題、そういったところが目につく。
「そうですね。課題の方が多かった様に思えます。決してレベルの高い試合ではなかったなという感じですね」

ーー去年は5位で終わりましたが、すごく苦しんだシーズンだったと思います。そういったところから何を学んでいる?
「課題を修正していこうとは全体で言っているんですけど、なかなか練習に人が集まらなかったり、意識も上がってこなかったり。まだまだ、まだなところがあるんだと思います」

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る