【関東1部】ゾット・清野 潤監督「もう1回泥臭く戦っていきたい」

027

権田と引き分けたゾット。これで3戦勝利がない状態と厳しい時期を迎えているが「悪かった訳じゃない」とネガティブには捉えていない。ただ、声に表れる悔しさは抑えきれない様だった。
連敗からの後期初戦、どんな気持ちで迎えたのか。若手含めた、3セットを使って戦った意図についても、清野 潤監督へ聞いた。

ーー1-1で引き分けとなりました。まず感想からお願いします。
「いやー悔しいですね。本気で勝ちにいったので。最後パワープレーをやったのもそれ狙いだったんだけども。…悔しいですね。でも別に悪くはなかったと思うので。権田も強かったし、攻撃力もあって、最後の戻りもあったし。まあ切り替えるしかないと思いますね。まだまだリーグは続いていくので。1日1日順位も変わっていくと思うし。ひと周りして、原点回帰という話をしているんですけど。もう1回泥臭く戦っていきたいと思っています」

ーー権田は今年、すごくリスクかけて縦にチャレンジをし、前線に人数もかけてきますし、だから強いのかなと思います。前回対戦もそうでしたが、だから攻守の切り替えも速く、見ていて面白い試合になるのかなと。
「見ていた人がそう言ってくれるのはうれしいですね。僕もなんでこんな強いのかなと思って実際やってみたら、縦に1つボールが入った時に、ゴール前に1人2人人数かけて入ってくる。それが怖いなと。なのでハーフタイムはそこに対する部分と、相手に対するリスペクトを持った上でしっかり戻らないと、やられちゃうよねという話をして。後半は失点しなかったんですけど得点も出来なかったので。得点しないと勝てないし。僕らもそこにどれだけ人数かけられるかということをしないと、そこに尽きるのかなという気がしています」

ーーショーツ戦から3戦勝ち星がない状況ですが、皆の意識やプレーはどう変わっているのか。
「うーん、やっぱりあのショーツ戦はただの1敗ではないと思っています。皆に言ったのは、気持ち1つ切り替えて簡単に抜け出せるものじゃないということです。こういう大敗は。ただ信じてやっていかなきゃいけないことには変わりないし、応援しに来てくれる人がいるのであれば、優勝というか、その人たちの為に勝ち点3を取りにいかなければいけないし。そんな中で臨んだ浦安セグンド戦で、あんな形で負けてしまって。ただあれは僕の責任が大きくて。…その中で切り替えて臨んだんですが。
前期は勝ち方にこだわってしまったところがあって。勝ち方とか見た目の問題も大事なんですけど、もう1度泥臭く原点回帰して、昔言っていた様に、自分たちは下手くそ集団だというのをしっかり意識して、初心に帰って戦っていかないと、結果は収められないなとリマインドして戦ったんですが。だからこそ勝ち点3はどうしても欲しかったんですけど…仕方ないですね。相手も本当に良かったので。これをポジティブに捉えて、次mmに対して勝って。mmも僕らより上の順位にいるので、しっかり勝って、次10月10日のリガーレ戦、ここで2勝出来れば、少し立ち位置変わった状態で中断期間に入れると思うので。次勝ち点3取れる様にがんばっていきたいと思います」

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る