【全日本選手権】関東大会2日目結果ニュース

zennnihon_kanto2_top

23日(土)、東京都・立川市泉市民体育館にて、第21回全日本フットサル選手権関東大会2日目の日程が行われた

初戦のリガーレ東京対順天堂大学ガジルjfcの対戦は、ガジルが開始直後に先制しリードを得たものの、その後リガーレの逆転を許し、4対3でリガーレが勝利した。

第2試合の烏天狗/IMPERIO浦和FC対三榮不動産の試合は、前半からコンスタントに得点を稼いだ三榮が1対6で勝利。大応援団の声援を背に、準々決勝へ駒を進めた。

第3試合のBFC/KOWA群馬対Y.S.C.C.フットサルの試合は、1対7でY.S.C.C.が勝利。BFCは25分のゴレイロ退場から攻守のバランスを崩し、立て直すことができなかった。なお、第1、第2試合でも、ゴレイロの退場が相次いでいた。

最終試合のFUTURO対コロナFC/権田の試合は、権田が途中までリードしたまま試合を進めたものの、後半にFUTUROが追いつき3対3の同点で、決着はPKへ。1人目は両者成功したが、FUTUROは、2、3人目がPK失敗。この結果、権田がPKを制し、準々決勝進出を決めた。

準々決勝は1月30日(土)、東京都・駒沢体育館にて行われる。


第21回全日本フットサル選手権関東大会2日目
日程:1月23日(土)会場:東京都・立川市泉市民体育館

リガーレ東京 4-3 順天堂大学ガジルjfc
烏天狗/IMPERIO浦和FC 1-6 三榮不動産FC宇都宮
BFC/KOWA群馬 1-7 Y.S.C.C.フットサル
FUTURO 3(1PK2)3 コロナFC/権田

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る