【Fリーグ2015/16】第2節 府中×仙台 仙台・清水「ゼロにできたのは何よりも嬉しい」

simizu_sendai

耐えて耐えて、耐えた。多くのシュートを放たれたながらも、少ないチャンスをつかみ勝利した仙台。攻守の要、チームの中心となって戦う清水誠から、今節の勝因を聞いた。

 

ーーまず試合を振り返ってみて。
「監督が言ったようにハードワークというのがずっと僕らの、チームとしてのコンセプトだったので、そこはちょっとピッチが狭い中で良かった部分もあります。あとはピヴォ当てで相手を抑えるというのが僕の中でのテーマだったので、ある程度計算していい仕事をさせない様にはできた。でもその中でチャンスを作られて、2-0の状態で1点取られていたらわからなかった。なのでキーパーにがんばってもらってゼロにできたのは、守備のことを考えている僕にしてみると、すごく感慨深いというか、何よりも嬉しいスコアですね」

ーー清水選手が個人として、チームとしてこの試合意識していたものは?
「やっぱりフィジカル的に強いチームなので、監督のもとやっている形が、はまるかはまらないかと言ったらそう簡単にはまる相手ではないので。キャラクターを見てもシュートを耐える可能性が高い。僕らは1人じゃなくて2人ではさみにいったり。少し余裕もたせて、僕らが1人1人が持つ時間を長くしてもらえれば、はさみにいったり、奪いにいったりができる。ショートカウンターというのは常に狙っていて、前半の最後の方は疲れが出てなかなかできなかったんですが、後半スイッチを入れ替えて、たくさんゴールに迫るシーンがあった。長いシーズン通してこれができるか、としたら難しいかもしれないんですが、それでも他のチームは新しい選手がたくさん入っている中で、完成しているかと言ったらそうではないと思う。なので一巡目はこういう戦い方になってくるんじゃないかなという想像はしています」

【Fリーグ2015/16】第2節 府中ホームにて仙台に敗戦。連勝ならず。 -フォトレポート

【Fリーグ2015/16】第2節 府中×仙台 府中・谷本監督「フィニッシュの部分で精度が足りなかった」

【Fリーグ2015/16】第2節 府中×仙台 仙台・佐藤監督「チームとして1つになれた」

【Fリーグ2015/16】第2節 府中×仙台 府中・皆本「本当に申し訳ない」

(写真/文 箕輪諒太)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る