【Fリーグ2015/16】第2節 府中×仙台 仙台・佐藤監督「チームとして1つになれた」

009

アウェーにて、府中を相手に0-2で勝利をつかんだ仙台。56本ものシュートを打たれたものの、堅いディフェンスとカウンターを駆使し結果を出した。今季よりトップチームを率いる佐藤隆行監督は、選手たちがハードワークしきり、最後まで戦い抜いたことを勝因に挙げた。

 

ーー試合を振り返ってみて。
「とてもタフな試合で、選手たちが最後まで走りきってくれたことが結果につながったんだと思います。PKストップも、苦しい時間帯を全員で声出して守り切ったから止められたんだと思います。チームとして1つになれたと思います」

ーー今日のカウンター。これはチームとして狙っている形なのか、府中対策だったのか、どちらでしょうか?
「前任の比嘉監督のたまものですね。あれはずっと選手たちは言われ続けて、やり続けて。その中で磨き得たものだと思います。もちろん得点を取る為に切り替えの部分は早くしようと声をかけてはいましたけど、積み重ねてきたものが出たのかなと思います」

ーーシーズン通して積極的にずっとカウンターを狙っていこうという考えはありますか?
「もちろんです。一番得点が入るチームがそこだと思うので、このままハードワークしていきたいと思います」

【Fリーグ2015/16】第2節 府中ホームにて仙台に敗戦。連勝ならず。 -フォトレポート

【Fリーグ2015/16】第2節 府中×仙台 府中・谷本監督「フィニッシュの部分で精度が足りなかった」

(写真/文 箕輪諒太)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る