【第16回地域CL】1日目終了。前回覇者SWHはロボガトと分ける。

ecopa-1

SuperSports XEBIO 第16回F地域チャンピオンズリーグ1次ラウンド初日の日程が、三重県営サンアリーナ(三重県伊勢市)、エコパアリーナ(静岡県袋井市)にて行われた。結果は以下の通りとなっている。

Aグループ

デリッツィア磐田 3-4 ボアルース長野

CP4A9405

フュンフバイン京都 7-1 リガーレ東京

CP4A8669

Bグループ

名古屋オーシャンズサテライト 10-4 ディベルティード旭川

CP4A9822

BLACKA BLOCCO 2-3 ヴァクサ高槻

CP4A9660

 

Cグループ

広島エフ・ドゥ 6-0 徳島ラパス

ecopa-2

SWH Futsal Club 4-4 ROBOGATO Futsal Club

ecopa-1

 

Dグループ

ゾット早稲田 9-3 REVIVAL futsal SAGA

ecopa-3

ミキハウスフットサルクラブ 10-3 BANFF SENDAI

ecopa-4

 

昨季優勝の関西代表SWHは、東海のROBOGATOと大戦。連覇を期待されるSWHだったが、結果は4-4で引き分け、手に入れたのは勝ち点1にとどまった。

昨季2位の関西・ミキハウスは東北のBANFF SENDAIに10-4で大勝。同グループの関東代表ゾット早稲田も、九州のREVIVALに9-4で大勝している。

Aグループが予想できない展開となっている。今季関東リーグを制覇したリガーレ東京は、関西のフュンフバイン京都に7-1で大敗し、厳しい状況に置かれてしまった。また、東海のデリッツィア磐田は、今大会初出場となるボアルース長野に3-4で惜敗。結果を読むのが最も難しいグループとなっている。

いずれにしても、まだ大会は始まったばかり。明日生き残る4チームがどんな顔ぶれとなるか。3日間で最大5試合を戦う、最も過酷な大会の頂点には、どのチームが立つのか。楽しみにしてもらいたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る