【関東1部】ショーツ・青山 誠士「地域CL出て、SWHと決勝でやれたら」

026

mmに勝利したショーツ。得点した選手は皆今季初ゴールだというのも素晴らしい点だが、勝ち越し点をアシストした青山 誠士にも注目したい。今季、地域王者のSWHからショーツに加入したが、しばらく目立った活躍はなかった。当人としても、ようやく結果を残せたことでホっとした部分もあっただろう。改めて話を聞いた。

ーー後期初戦勝利しました。感想からお願いします。
「相手のmmがどういうチームかというのはまだあまり把握出来ていなくて。正直分かっていない中で、相手の注意する選手は誰か、というのを聞いて試合に入りました。あとは試合の中で分析しながら、修正していった感じですね、個人的には。チームとしてはずっと勝てていなくて。僕が加入して関与した試合は勝てていませんでした。関西リーグ含めて、僕にとっては今季初勝利なので、嬉しいですね」

ーー今言った様に関西リーグからこちらに来て、ブラックショーツに加入してから厳しい時間が続いたと思います。関東リーグ、ここまでのイメージどんなものがあります?
「フィジカル的にはこちらの方が高いし、リーグとしてもしっかりしているというか。慣れるのにも時間かかっていますが、これからがんばっていこうと思います」

ーー今日は勝ち越し点をアシストしてようやく結果を出した形だと思いますが、今の率直な気持ちは?
「僕の開幕戦はカフリンガ戦だったんですが、立ち上がり最初でミスして、チームに全然貢献出来ていませんでした。こうやって今日はアシストという形で貢献出来てよかったですね」

ーーチームからこうやって欲しいとか、求められていることは?
「試合を落ち着かせるところとか、そういう部分ですね」

ーーSWHとブラックショーツはまったく違うチームだと思いますが、今までの経験生きているなと感じる部分は?
「たくさんありますね。それも上田さん(SWH監督)のおかげです。上田チルドレンなので(笑)」

ーー上田さんとは連絡とったりしている?
「いや今はとっていないですね」

ーーではこれを通じて。見てくれれば良いですね(笑)
「そうですね。ありがとうと(笑)」

ーー関東は混戦続きですが、こういうリーグを戦っていく中で、メンタルの負担だったりはあるか。
「逆に今1番下にいるので。関西リーグだったら全勝しているチームばかりで、この位置から優勝や地域CLは難しいと思うんですけど、関東リーグはここから全勝すれば、あり得るのかなと」

ーー個人的な今季の目標はどんなところ?
「個人的なところですが、やっぱり地域CL出て、SWHと決勝でやれたらと思っていますね。そこ目指してやっていきたいですね」

ーーありがとうございました。

(写真/文 箕輪諒太)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る