ミキハウス・高橋監督「点を取るチームという使命感は、本当に持っている」

ーー関西リーグ、見てくれる人にとってはどんなところが魅力になると思いますか?
「関西リーグは本当に今、各チームにそうレベル差はないと思っています。本当に各チームの色といのは、関東と比べてカラーがあると思うんですよ。その辺のマッチアップを楽しんでもらえたらと思うんですけど、あとは何勝何敗となっていった時の組み合わせとか。今まっさらな状態からのスタートなので、1試合1試合、何かPR出来て、次第2節いつ?と、1人でも多くの方が気にしてくれたいいと思いますね」

ーーコートに立って戦う魅力としては、どんなところがありますか?
「ここ最近は、地域で日本一をSWHさんと高槻さんが取ってくれているので、僕らは日本一レベルの高い地域リーグだと思ってやれる喜びはありますね。今年は3位まで、どのチームにもチャンスがあると思うので。楽しいですね。去年は4枠だったので、比較的夏段階で決着が着いてしまっていたんですけど。僕らとしては良いことなんけど、ちょっと面白くはさせられなかったのかなと思いますね。もっともっと拮抗した方がリーグ的にはね。僕らも今日足踏みはしましたけど、必ず3位以内には入りますので」

ーーSWH、ヴァクサの2チームが頂点に立っているということで、そろそろミキハウスも、という気持ちも…?
「そうですね。それももちろんあります。去年も全日本に久々に出て、Fリーグと同じ場でグループリーグを戦えている。これは地域リーグ、地域CLとは違う感覚があるので、やっぱりそういう経験を僕らはFリーグ・カップなども通じて体感させてもらっているので、やっぱりそろそろ地域は獲りたいところですね」

ーーありがとうございました。

(写真・文 ミノワリョータ)

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る