BS・渡辺大貴「BSの一員として戦えた事を誇りに思います」

001

関東リーグ1部は、FCmmとブラックショーツの対戦から幕を開けた。
この試合2得点を挙げて勝利に貢献したのは、ブラックショーツの渡辺大貴。今季リガーレ東京から移籍し、新天地にて早速結果を出してみせた。
負傷の影響もあり約1年ぶりのリーグ出場となったが、上々のスタートを切ったと言える。ショーツでのプレー、久々のリーグ出場について、思いを聞いた。

 

ーーショーツに加入して初めて試合を見ました。得点し、勝利でリーグ初戦を終えたということで、感想からお願いします。
「関東リーグに出場したのが久々で、ちょっと緊張もあったんですけど、チームの皆が助けてくれて、ブラックショーツの一員として戦えたことを誇りに思います」

ーー既に主力として戦っている印象を受けますが、ショーツでの自分のプレーについて、現状はどうでしょうか?
「最初は難しい部分もありました。前からそんなにメンバーも変わっていないチームなので、その中に入るという意味もあって。戸惑ったところもあったんですけど。今では皆声をかけてくれて、楽しくコミュニケーションも取りながら出来ています」

ーー本当に、久々にリーグで戦っている姿を見た気がします。
「多分1年ぶりぐらいですね」

ーー改めて、関東リーグで戦うという事をどう思いますか?
「やっぱり関東の最高峰ですし、お客さんも多く、相手ももちろんレベルが高いです。その中でプレー出来る喜びというものを、今日特に感じましたね」

ーーそれプラス、今日自身でゴールも決めて結果も出しました。
「そうですね。なので喜びも倍増ですね。それでチームも勝てたので」

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る