【Fリーグ2014/15】第28節 浦安×名古屋「名古屋、浦安退け盤石の勝利。」

f28_浦安×名古屋

17日(土)、千葉県浦安市総合体育館にて、Fリーグ2014/2015 powered by inゼリー第28節、バルドラール浦安×名古屋オーシャンズの試合が行われた。

ホームにて首位名古屋を迎え撃った浦安だが、この日は名古屋が開始からペースを握り試合を進めた。

まず4分、名古屋のペドロ・コスタのシュートから先制点が生まれ0-1。16分には星龍太のパスを渡邉知晃が蹴りこんで0-2と、名古屋が連続でネットを揺らしていった。
浦安も高い位置でプレスを繰り返し、攻守ともに積極的な姿勢を見せるが、それらを寄せ付けず、確実に王者が決定機を決めていった。

後半開始2分、セルジーニョが自身で蹴りこみ追加点を挙げると、32分にも森岡が決めて0-4。名古屋が、着実に得点を重ねていく。

残り7分を切り、浦安もパワープレーに打って出る。すると、36分に星翔太、38分に荒牧太郎が決めて2-4。
残り時間僅かな中で逆転を狙うが浦安だが、これ以上スコアは動かず、試合終了のブザーが鳴り響いた。

首位名古屋が、浦安を抑えて勝ち点3奪取に成功。王者らしい、盤石の強さを見せつけた。

(写真 おざわゆうこ 文 箕輪諒太)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る