亜麻色のPIVOの乙女 vol.17 「んなもん!1晩寝たらすぐ治る・・・も今や昔、の巻。」

筋肉疲労

例えば、キン肉は歳を重ねていくと、

若いころに比べて若干、つきにくくはなりますが、

時間と方法をかければ年相応以上のキン肉をつけることはできます。

さらに柔軟性に限って言えば、これは普段から体を動かしていたり、

ストレッチなどでキン肉に刺激を与えていれば

歳を重ねている方でもキン肉は柔らかい。

逆に体を動かさない、家でパズドラばっかりしてる若者は

キン肉が硬いことが多いですね。

※※じゃあ「キャンディークラッシュ」ならいいの?とかそういう問題ではない(-“-)

ワタクシの前の仕事場でも毎日体操を欠かさない年配の方は

体のストレッチしててもとてもキン肉は柔らかかったし、

基本運動しない、インドアな若い子をストレッチすると

これまたびっくりするくらい体が硬い・・・なんてことはしょっちゅうでした。

で、「回復力」。

歳が若い間は体力的な疲れも正直1日寝ると

ある程度は回復します。

ただ歳を重ねるとキン肉の回復にも時間がかかってくる上に

仕事、家庭などゆっくり休めない、

自分勝手な自己管理を第一に考えられない環境

も出てきますよね。
昨日の練習疲れたー。明日は昼まで寝てよ・・・(*_*;

みたいなことができにくくなるってこと。

・次の日、朝からアサイチで仕事、

・仕事は休みやけど家族の買い物にお付き合い等々。

・そないに興味ない映画を見に行こうとデートに誘われる(笑)

・・・等々

キン肉は休ませれば必ず回復します。

ただそれにかかる時間が、年齢を重ねていくと時間を要する

ということなんです。

だから年齢に応じた体のケアの方法というのがこれ非常に大事。

風呂上がりのストレッチを少し念入りにする・・・というものから

医療機関にかかり体の回復のお手伝いをしてもらったりというものまで

方法はいろいろあると思います。

それをしないで体に疲れをため込んでいると・・・・

ここでも何回か書いたと思いますが

・体の抵抗力が落ちて病気を受け入れやすい体になってしまう

・ケガの原因になってしまう

ということが起きてきますねん!!

といってもこれは年齢に関係なくですが。

これから体調を崩しやすい季節になってきます。

気を付けて残りのシーズンをいいものにしていきましょうね(●^o^●)

今月は回復する力について大まかな話しをしましたが

来月はもう少し詳しくお話ししますね。

honamata

筆者  日下 大輔
2004〜2008年には旭屋、2009年よりリンドバロッサにてフットサルトレーナーを務める。座右の銘は「ギンギラギンにさりげなく」。ちなみにベッカム、ミッツ・マングローブと同い年。
好きな芸能人「水川あさみ」
試合前に聞く音楽「PRIDEのテーマ」

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る