U-18フットサル日本代表候補 GK宮本拓「代表に残れるように頑張っていきたい」

001

 U-18フットサル日本代表候補は21日、茨城トレーニングキャンプの初日を迎えた。キャンプ初日は約2時間にわたってトレーニングを行い、全18選手が汗を流した。小柄ながらチームを盛り立て、的確な指示を味方に出してゴールを守り、持ち味の正確なフィードや視野の広さを生かした攻撃力で魅せるゴレイロGK宮本拓(クラーク記念国際高)に、初日の練習を終えて感想を聞いた。

●GK宮本拓(クラーク記念国際高)

――代表に選ばれて?
「まだ候補なんで、しっかり代表に残れるように頑張っていきたいと思います」

――メンバー入りしたことについては?
「予選敗退もしていたので、見てもらえていないのかなと思っていたんですけど…。選ばれたときはビックリしました」

――実際にやってみて?
「うまい選手が集まると、練習も楽しくなりますし、レベルが高い中でやれるのは嬉しいです」

――同じ学校の二井岡選手も溶け込めていた?
「初日にしては、すごくいい出来だったかなと思います」

――アピールしたいところは?
「攻撃的な、点に絡むスタイルのGKなので、そこでしっかりアピールしたいです」

――最後の練習では市川選手に素早くフィードをする場面もあった?
「ギリギリまで見て判断しないといけないので、そういうところも見てやっていきたいと思います」

――あれは特徴を分かっていたからではなく、その場の判断?
「そうです。見ていてしっかり走ってくれたのが最後まで見えたので、ギリギリで判断を変えてあっちに出しました」

―小森監督からも「ナーイス!」と声が飛んでいたが?
「まだまだ褒めてもらわんと(笑)。しっかりアピールしないといけないので、明日からも頑張ります」

(写真/インタビュー 河合拓)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る