【第15回地域CL】ミキハウス高橋監督の感じた「勝ち負けよりも大切な事」

 

「僕らはアップの途中でしたがそれを止め、彼らの元へ行って心から拍手を送りました。

その後アップを再開しようとすると、今度は仙台サテライトの選手たちが僕らの元へ来てくれて、なんと即席で作ったミキハウスの応援歌を歌ってくれたんです。

本当に、嬉しかったんです。全国大会でしか味わえない感情を感じ、勝ち負けよりも大切な事を、改めて教えてもらいました。

フットサルというか、スポーツの、本来あるべき姿を教えてもらったと思います。」

 

昨日の敵は今日の友

月次な言い方ではあるが言葉どおり、そこには勝者も敗者もなかった。ただ1つの戦いを終えた選手たちが、心を通わせる姿があった。

 

「東北にこんなにええチームがあるんやと、こみ上げる物がありましたね。こいつらの為にも、僕たちは絶対やったろうと思いました。」

 

彼らは自らの為だけでなく、仙台サテの想いも強く背負い、戦い抜いた。

残念ながら優勝には手が届かなかったものの、その想いは誰よりも、どのチームよりも強いものだったはずだ。想いを託した仙台サテライトもその姿を見て、大きな拍手を送った事だろう。

 

最後に、高橋監督はこんなことを言っていた。

 

「今度は僕が全日の予選へ、仙台の為に絶対応援に行ったろうと思いますね。」

 

週末の大阪府舞洲アリーナ。仙台サテがアップする傍らに、即席の仙台応援歌が聞こえてくるのかもしれない。

 

(文/箕輪諒太 写真/箕輪諒太 おざわゆうこ)

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る