【関西リーグ2015】バディ、神戸大破り雪辱果たす -フォトレポート

043

SuperSports XEBIO 関西フットサルリーグ2015 1部、開幕節初戦の対戦は、バディフットサルクラブと神戸大学フットサル部。

開始2分、バディのカウンターで福島宏章がボールを運ぶと、左サイドでパスを受けた島井英嗣が蹴りこみ、バディが先制点を奪った。
10分には神戸大のコーナーキックから山本晃平が決めて同点に。互いに1点を奪い合い、前半を同点で折り返す。

後半、しばらくは得点なく拮抗状態が続いた。しかし34分、前線で相手ボールを奪ったバディの濱口和基がそのまま蹴りこみチーム2点目を奪うと、試合終了間際にも福島宏章が押し込み3点目を奪った。

結果、3-1でバディが神戸大に勝利。昨季は0-2で敗れた相手を開幕で倒し、雪辱を果たした。

 

“おざわが選ぶMIP”
バディフットサルクラブ・福島宏章(No.9)

039

「毎回と言ってもいいほど、福島選手がゴールをした後のチームの雰囲気はグっとあがります。
得点者本人ももちろん、それ以上にピッチ・ベンチも沸く。福島選手の魅力溢れる、”バディな”瞬間が見られました」

【関西リーグ2015】開幕節結果 SWH、ミキハウスら白星スタート切る。

※フォトギャラリーは次ページへ

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る