【関西リーグ2015】SWH上田監督「チープなゲームだった」

ーーSWHがやる側としたらどうですか?
「うちはまだまだですね。こういう面で言えば。まぁフットサルのチームとしては大成できてはいますけど、そういうソフト面というのは、イベント作りはやらなければいけないなと。課題はありますね。誰かいないですか?(笑)」

ーーブレーン的な人ですか(笑)
ブレーンが欲しいです(笑)はい。

ーーいたらご紹介します(笑)SWHは地域の盟主ではないですが、そういう立場にもなってきていると思います。フウガもそうでしたが。新たなトップの位置にいて、色んなことも考えていると思いますが。
「そうですね。とにかく”見られている”という部分に関しては皆にも意識させてはいますし、チームとしては非常に、何か発信していかなければいけないなと。チームとしての見栄えもそうだし、イベント作りもそうだし。ただ真似事をするのではなくて、オリジナリティがあるものを作っていけたらいいなと思います。関西ノリというか。関西にしかない、リーグのノリというものを作っていきたいなと思います」

ーーやっぱり関東とは色も違いますし、今後はその色をもっと伝えていければいいなとは外から見ても思っています。
「そうですね。あがりゃんせさまさまです(笑)素晴らしいなぁと、すごく勉強になりますね」

ーー次のチームにまたプレッシャーがかかりますね(笑)
そうですね…。まぁ僕はそういうのは苦手なので。なんにせよ…やっぱりブレーンが必要ですね。

ーー募りましょうか(笑)
ぜひ! そういう人募集しております(笑)

ーー今季まだまだ続きますが、今年のSWHのここを見て欲しいという部分は何でしょうか。
うーん、もちろんアグレッシブさだったり、地域という環境の中で、ここまでできるぞという、見本にしていきたいというか。もちろん3rdセットを作っているのもそうですし。そういうアグレッシブさとか。あとは、このスポーツはハイリスクハイリターンなスポーツだと思うので、ゲームがマンネリ、間延び化するのはあってはいけないと思うんですよね。そういう時間帯を作らない様に、観ている人も面白いし、やっている人も面白いし。そういうチーム作りをしていきたいと思います。

ーー3rdセットに関して。やっぱり3つ目のセットというのは地域CLだったり、カップ戦など、長いシーズンを戦っていくためには不可欠ですか?
だと、思いますよ。結局数は力じゃないですけど、そこの強みを出していかないと。例えばFリーグのチームなど練習しているチームに対抗していく為にも。やっぱり練習量が違うから勝てない、環境が違うから勝てない、プロだから、とか。そこが言い訳になってしまうと地域は盛り上がらないので。だからやっぱり地域にもできること。数を増やそうと思ったらできる訳で。そこを数を増やしただけではなくて、どういったセット間のすり合わせをしていくのか。戦略を立てるのかとか、重要視しています。

ーー林選手にもお聞きしましたが、考える速さ、シンキングスピードなどが重要だと。それもそこにつながってくるのかなと思います。
その辺はチームに浸透させるだけなので。その辺を各選手がもっと意識してくれればもっと良いものが出来ると思うんですけど、まだまだ全然です。

ーーまだそれぐらい、ここから先期待できますよね。
もちろんですよ。まだ新しいチームができ上がって1か月半くらいしか経っていないですから。これからまた面白いものもたくさん生まれるでしょうし。それをどう表現させてあげるのか、というのが監督、コーチの使命なので、そこは意識していますね。

ーーありがとうございました。

【関西リーグ2015】SWHフュンフ圧倒し、盤石の勝利。 -フォトレポート

【関西リーグ2015】新天地SWHにて奮闘する林浩平「Fに勝てるチームにしたい」

(写真 おざわゆうこ インタビュー 箕輪諒太)

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る