【関東1部】リガーレ・西野 宏太郎「全国の舞台を経験させてあげたい」

ーー西野さんにとって関東大会や地域CLはどういう位置づけで考えている?
「やっぱりリガーレというチームの歴史を見た時に、遠征して他のチームとやる機会を、公式戦として1戦1戦出来るというのは、このチームに所属している若手、ベテラン含め、このチームで良かったなと思える1つの瞬間だと思うんですよね。全国大会というフットサル会の檜舞台に立てるということは。そういう意味では、関東リーグというのはある程度約束されている舞台というか。その中で関東代表で行くということは、リガーレに所属している個人としては、フットサルをやる上ですごく大事なものだと思っています。リガーレに所属している人間にはそれをまだ経験させてあげられていないので。地域CL、PUMA CUPを経験したことのない選手がほとんどなので。やっぱりそういう大会に出て成長する、そういう味を知っているので僕らは。味を知っている人間はやっぱり出たいと思うし、それに出ることによって、おおげさではなく、フットサルの人生は必ず変わると思うので。そういうことを経験したことのない人間に、全国の舞台を経験させてあげたいなと思いますね。僕とかより。そういう位置づけかもしれないですね」

ーーリーグとどちらが上という訳ではなく、これからチームを作り上げていく上で、必要な舞台。
「そうですね。若手はそれに見合うだけの活躍をしてくれていると思うので。チームが上手くいう為にはとても責任は大きいと思うし、今いる子たちが1つにまとまってチームとしてやっている以上、リガーレというチームで、全国大会に彼らが行くというのは僕の1つのモチベーションであるし。
…多分彼らはね、出たことがないから、出た時に、それがどれだけ自分に影響を及ぼすかということはわからないじゃないですか。出たことにより、自分のフットサルへの関わり方とか盛り上げ方とか、その悔しさとか、それは出ないとわからないと思うんですよね。そういう経験は絶対体験させてあげたいし、リガーレにいて良かったと感じられるように、1つ大きなことなのかなと」

ーー西野さんは、最初に全国の舞台に立ったのはいつ頃?
「僕は…21歳ぐらいの時に、第2回地域CLにガロとして出ましたね(笑)ずっと前です」

ーーその当時、初めてそういった舞台に立った時の感覚はやはり忘れない?
「そうですね。やっぱりスポットライトの明るさが違うというか。代々木だったんですけど。プレスのカードがあったり、宿泊だったり、試合に入るまでの動線を言われたりとか、裏口から入ったりとか。そういうのって、当たり前なのかもしれないですけどすごいなと。特別な経験ですし。それは経験させてあげたいなって。それを体験することによって、絶対成長すると思うし、田嶋とかも。麻賀は体験しているのかな? 経験させてあげたいですね」

ーー改めて、後期に向けて意気込みをお願いします。
「前期はセグンドとゾットに負けてしまったので、そこにリベンジすることが第一なんですけど。次のmmも強いし、自分たちの順位を気にせず、勝ち点3を取るということが大事なので。やっぱり最終節はもつれるかなと、どのチームも思っているかもしれませんが。そういう意味で、引き分けとか1点差とか2点差とか、ある意味では後期の1試合目が決勝戦になるかもしれないし、最後の試合で決着するのかもしれないけど、目の前の1試合で、この前の権田戦の様に3-3の時、そこで勝ちに行くのか、引き分けで良いのかという判断。そこで3を取っていたら最終節待たずに優勝出来るのかもしれないし、そこで1で良いのだったら、もしかしたらそこで最終節までもつれて優勝出来なくなる可能性もあると思うので。その1試合1試合のメッセージを僕が、試合の中で伝えていかなければいけないなと思います」

ーー試合毎、細部までのメッセージを伝えて、その先に優勝があれば。
「そうですね。この1勝は結構でかいと思うので。去年は下を見て、下を見て、下を見て…安堵して、焦ってという試合で、上なんかまったく見られなかったので。そういう意味では、少し上を見て出来るというのは、選手としてもチームとしても幸せだなと思うので。がんばりたいと思います」

ーーありがとうございました。

(写真/文 箕輪諒太)

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る